※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

港区新橋(3)、SL広場のニュー新橋ビル

フルプラウザ版のみサイト白くしてみました。
新橋駅の西側、飲み屋街としてもメジャーであるSL広場側の駅前ビルは、このニュー新橋ビル。

IMG_0286

駅のホームからもよく見えるこのビルは、近年新橋駅リニューアル工事に併せてか2023年完成を目処に再開発の計画が発表されています。

DE94C65C-5108-4ED3-AD51-160D7B304751

元々新橋駅の西口界隈には戦後、闇市が広がっていました。その闇市はやがて木造平屋建ての新生マーケットへと姿を変え、その後の1971年にはこのニュー新橋ビルが完成したそうです。

IMG_0584

特徴的な外観の低層階(B1階〜4階)は商業フロア。奥に見える黒っぽい部分が5階から9階までのオフィスと11、12階の住戸。一階は導線となっており洋服の青山や飲食店、パチンコ屋などが入っており、人通りも多い。

IMG_0285

こちらは地下一階。東口の新橋駅前ビルが1966年竣工なのに対してこちらはその5年後に完成、とは言え細部の意匠などは高度成長期の雰囲気を色濃く残している造りとなっています。また知名度としても新橋駅前ビルの地下街は地元以外知る人がほとんどいないのに対して、ニュー新橋ビルの地下街は酒好きの間でもそこそこメジャーです。

IMG_0282

地下一階の奥にあるゲームセンター。過去に何度も入った事がありますが、かれこれ20年以上前からそのままの形で残っています。プリクラだらけにもならず、通信型大型筐体専門店にもならず、今も変わらず対戦型筐体が向かい合って並んでいるのが嬉しい。古いタイプのゲーマーが固定客として通い続けているんだなぁと、元バーチャジャンキーだった私は感慨深くなるわけです。

IMG_0279

ほとんどが居酒屋ですが、立ち飲み屋などもあります。この「破天荒」さんは大島の番外地さんの姉妹店だそうです。

IMG_0588

生400円、割り物300円、おつまみは基本300円、一部400円〜と言った感じで、番外地同様安いです。

IMG_0281

飲み屋さんの数も多く人通りも多く、どの店も元気に営業されています。ただどうしても東口の新橋駅前ビルと比較してしまうのですが、店頭で若いお姉ちゃんが呼び込みをしている店が多い。また店員さんも若いお姉ちゃんが多い。しかもそのほとんどが外国の方と見受けられる。これがニュー新橋ビル地下一階飲食店街の現実を物語っているように思えます。

IMG_0290

さて、今度は二階を覗いて見る事にします。一階の賑わいからは打って変わって人影も疎ら。シャッターを閉めているテナントも多い中、ゲーセンと居酒屋、レンタルDVD店以外、そのほとんどがマッサージ店となっております。

IMG_0291

その数たるや本当にそんなに需要があるのかと疑いたくなるほど。案の定覗いてみればどこも閑古鳥です。ただ驚いたのは、若くて綺麗な中国人のお姉様方の客引きがエグい! しかもそのお姉様方が無駄にクオリティー高いと来た!
一瞬ピンク街かと見紛うほど、ビルを一周する間に声を掛けられ続ける訳ですが、基本どの店も健全なマッサージ店です。一軒だけファッションマッサージの看板を掲げている店が紛れているのはご愛嬌。
ちょうど凝っていたので40分3000円で実際ほぐしてもらいましたが、別にエロいサービスがある訳でも無し、ただやたら可愛いしミニスカだしマッサージも普通に上手いし、なんだこの消化不良な感じ。果たして新橋の中高年サラリーマンのお父さんたちは、喜んでこの美人マッサージに通っているのでしょうか。終始うつ伏せだから顔とか見える訳でも無し!

IMG_0579

3階に昇るとシャッターが目立って来ます。肉の万世や喫茶店、クリニックなどが入っています。

IMG_0581

4階は東京囲碁会館を始め雀荘などがポツリポツリと言った感じでした。

【日記】板橋区さやの湯処からの北千住

昼過ぎに仕事を終えて、板橋区前野原町にある日帰り入浴施設さやの湯処に立ち寄って来ました。ここは以前、仕事帰りにたまたま見付けて一度訪れた事があるのですが、個人的には都内で一番のお湯だと思っています。

IMG_0566

伊香保に近い感じのお湯。加水加温無しの源泉100%掛け流しの湯に浸かれるのですが、まさかの板橋区なのです。ときわ台〜赤羽間のバスで前野原三丁目下車。

IMG_0568

日本庭園を見ながらビールと枝豆で火照った体をクールダウン。至福のひととき。週末は週末料金で千円超えしてしまいますが、いい日帰り入浴施設です。

からの、北千住で飲み会。

IMG_0571

IMG_0573

IMG_0574

IMG_0575

IMG_0576

IMG_0577


……後日、改めて北千住開拓します。(昼間に)


新宿区新宿六丁目、路面電車の跡を歩く

1970年に廃止された東京都電車(旧・東京市電車)角筈線の跡を歩いてみました。

IMG_0549

スタートは歌舞伎町、ピカデリー前にあった角筈駅から。いきなり靖国通りから左に折れます。

IMG_0550

線路は新宿ゴールデン街の脇を掠めて明治通りへ。昔ゴールデン街のママから都電が走っていたと聞いていた遊歩道は、S字を描いて走ります。

IMG_0551

ただ、角筈駅から新田裏(日清食品本社前)までのこの区間、1948年の時点で大久保車庫行きの回送専用線となりました。本線は靖国通りを直進して明治通りとの交差点である四谷三光町駅を迂回して行きます。

IMG_0561

線路は明治通りを渡り日清食品本社の建つ新田裏へ。東大久保駅へと入って行きます。

IMG_0553

現在の新宿6丁目となりますが、現在では地下鉄東新宿駅直結の高層マンション、コンフォーリア新宿イーストサイドタワーが聳え立っています。

IMG_0547

その目の前に、なんと立ち飲み屋が。元々はホルモンの仕入れ販売をしていたお店お肉屋で、ショーケースが残っていたりします。しかしこんな住宅街の奥にまさか立ち飲みがあるなんて驚きでした。5時台から開いてますが、6時前後には満員になる知る人ぞ知る人気店。

IMG_0546

母親と息子さんでしょうか、二人で切り盛りしてらしゃるお店は串一本110円となかなか安く毎日大盛況です。お母さんは6時頃に登場してまずネギを刻み、その後焼き場を担当されます。これがギリギリ焼き過ぎないくらいの絶妙な焼き加減で最高に美味い。ちなみに奥のテレビ前の椅子はお父さん(?)専用の席で、引退されたのか毎日のように飲んでます。

IMG_0532

新宿5丁目から6丁目に移るあたりですが、微妙に商店街が有ったりもします。右手の路地に入って行ったところに建つこちらの建物は元飲食店なのか凝った軒先。奥は料理屋っぽくも見えます。

IMG_0533

こちらは集会所でしょうか、東一とは旧町名の東大久保一丁目を指すと思われます。

IMG_0541

医大通りの先は新宿5丁目の微妙な飲み屋街が続き、靖国通りを越えたら新宿2丁目。この界隈にもホモバーなどが密かに有ったりもします。

IMG_0559

大久保車庫の跡地に建った新宿文化センターを右手に見ながら進むと、道は不自然の一車線一通道路となります。

IMG_0558

このS字カーブも軌道の痕跡を色濃く残した盛り土が続きます。

IMG_0557

車道と歩道の段差の不自然さがいかにもな感じ。やがて廃線跡は職安通りに合流して行きます。

IMG_0556

職安通りの向こう側には銭湯も。この辺りには未だにボロアパートなどが多く残っています。

おまけ

FH000017

都電が荒川線を残して全廃になる以前に走っていた車両です。写真は2005年当時、都電荒川車庫の片隅で朽ちかけていたところを特別に入らせて頂き撮影したもの。行き先表示板は品川行きとなっています。

CBDACEB1-517F-426F-ADD1-4819C912A5FA

反対側は銀座行き。この車両は現在綺麗に化粧直しして荒川車庫駅にて一般公開されています。

FH000019

もう一両荒川車庫に残されていますが、こちらは青いラインが入っているので荒川線で活躍していた車両。1980年代後半、高校生だった私は荒川線で現役時代の姿を撮影した覚えがあります。これらの車両が角筈線を走っていたかどうかは定かではありません。

北海道釧路市(2)、港町の繁華街

港に近い釧路中心街の外れ、釧路川を渡る幣舞橋の東側手前には繁華街が広がっています。

IMG_0480

末広町、栄町、川上町、三つの飲み屋街や歓楽街が集まり、道内屈指の繁華街を形成しています。風俗系の店も散在していますが、逆にこの区域の外側には一切無いそうです。

IMG_0501

末広興産ビル。外装からしてキャバレーか何かだったのか定かではありませんが、現在ではカラオケボックスとチェーン店居酒屋が入っています。

IMG_0497

こちらのナイトプラザビルも巨大ナイトクラブが入っていたのでしょうか。釧路の夜の栄枯盛衰を感じさせます。

IMG_0489

ナイトプラザを裏から見たところ。映画館やボーリング場にも見える広い敷地面積です。

IMG_0492

釧路のスナック街は極寒の地だけあって、一軒目二軒目三軒目と飲み歩く際凍死しちゃわないように、基本建物の中に詰まっています。こちらのビルも中央を貫く中廊下が、ニュー栄町銀座という飲食店街になっています。

IMG_0490

こちらの栄町ミニセンターもコンパクトに纏まったスナックビル。しかし驚くべきは、駅前の商業地区が巨大駐車場と廃ビルだらけでゴーストタウン化が進んでいるのに対し、繁華街のスナックビルは看板が多く残っており廃墟が少ないという事。

IMG_0491

栄町ミニセンターの奥に並ぶバラック飲食店。建て増し建て増しでエライ事になっています。

IMG_0498

舟見ビル。人口減少が甚しいにも関わらずこれだけの数の店が営業しているというのが信じ難い。

IMG_0495

一方こちらは釧路赤ちょうちん横丁。ふた筋並ぶ路地に簡素な屋台が並んでいます。昭和27年頃、リヤカー屋台が並び屋台街を形成したのが始まりだそうですが、現在では観光スポットとしてガイドブックなどにも紹介されています。こういう所は観光地価格で地元の方が寄り付かないんじゃないかなんて予感がしてなりません。もちろん想像ですが。

IMG_0481

長屋造りの有楽街センター。かなり年季が入っています。

IMG_0483

中に入ると木造アーケードが素晴らしい。

IMG_0502

路地裏には解体されていない廃屋も。

IMG_0503

と思ったら、猫の親子が住んでいました。

今回釧路ではスナックに寄れなかったり、帰りの空港行きのバスが駅の北側に廻った際、鉄北センターなる非常に気になるマーケットを見付けてしまったり、ボーキサイト鉱山の専用線を回れなかったりと、やり残した事も多くあるので、出来れば来年また訪れてみたいと思います。

北海道釧路市(1)、ゴーストタウン化する釧路市街地

今まで富山県高岡や群馬県高崎、北海道帯広などなど多くの終わってる地方都市を見て来ましたが、ここ釧路駅周辺も酷いものでした。

IMG_0521

まず駅を出れば右手にドーンと構える巨大廃墟が迎えてくれます。1972年にボーリング場やビジネスホテルのサンルート釧路などが入った複合商業施設パルコとして開業するも2005年には破産。2007年よりビジネスホテルオーシャンとして再出発したものの、スーパーホテルやルートインなどの競合に押されて2012年の年度末には廃業しました。

IMG_0517

オーシャンの前を過ぎると公設市場である和庄市場があります。

IMG_0508

昔、桃鉄の物件の勝手丼が気になり、ずっと訪れたいと思っていました。観光地としても有名ですが、地元の方々の台所として活気が溢れています。

IMG_0510

鮮魚はもちろんのこと野菜から乾物、お菓子まで、様々な問屋さんが軒を連ねる中、ごはん片手に勝手丼に対応する鮮魚店をうろうろ。好きな具材を乗せて行きます。

IMG_0513

中央には食べるためのテーブルがいくつも並んでいます。

IMG_0511

オリジナルの海鮮丼。芝海老がナマラ美味い!

IMG_0519

お腹を満たしたところで腹ごなしに市内を散策。するといきなり潰れたデパートが。公設市場和商の向かいの先にある巨大な廃墟は2002年に閉館した長崎屋の建物。長崎屋閉館後、建物を所有する地元企業がアベニュー946という商業施設を運営していましたが、それも2016年5月に閉館しました。また外にも中心街では1990年代から2000年代にかけて、くしろデパート、オリエンタルデパート、丸ト北村などの大型店が相次いで撤退、閉店したそうです。

IMG_0444

そもそも釧路駅の地下も釧路ステーションデパートという商業施設だったが、2004年に閉館。現在地下への階段は封鎖されています。

IMG_0506

市街地を進んで行くとまたもや巨大廃墟が。この建物は2006年に閉店した旧丸井今井デパート跡です。当時ショッピングセンターKuteとして再開すべく外装をリニューアルしたもののテナントが集まらず、やがて買収した不動産会社が諦めて転売。オープンを控えたまま廃墟化という悲惨な事態に。

IMG_0507

廃墟化しつつあるビルはホテルやデパートだけでなく、多くの雑居ビルも同様。一体いつからテナントを募集し続けているのか。釧路駅から港に掛けてが中心街となりますが、このような空きビルと既に解体された跡の巨大駐車場ばかりが目立ちます。

IMG_0523

釧路は梅雨の時期、濃霧に包まれています。写真は宿泊したビジネスホテルパコの客室から見た釧路川に掛かる幣舞橋。奥には観光物産施設のフィッシャーマンズワーフ。

IMG_0452

夜は繁華街に繰り出しました。しかし夜霧に包まれた街は人影も疎ら。とはいえ駅前に比べて空き地が少ないです。

IMG_0457

しかも6月だと言うのに気温10度そこそこしか無く、寒かったので散策せず食べログに頼ってしまいました。

IMG_0459

釧路は炉端焼きが名物のようです。しかし入った店はやたら暗く、広いカウンターの中央でお婆ちゃんが黙々と焼き続けるというシュールな老舗。

IMG_0462

食べログ1位だけあって確かに美味い。しかし値段が一切書いておらず、二人で飲み食いして1万超え。ウニ丼とウニ刺しが値段を跳ね上げた気もしますが、観光地価格か。

00B565DB-1025-4534-9BF8-63F60D8C45CB

泊まったホテル「パコ」は市内でも数少ない天然温泉に入れる宿でした。あまり期待していなかったものの、入ってみれば加水無しの源泉100%加温循環濾過のカルシウムナトリウム塩化物泉。入った瞬間にムム、これは!と思いました。奥が40度、手前が42度で露天風呂も有り。予想外に良いお湯です。しかもここが私にとっての記念すべき100湯目だったり。

IMG_0468

釧路市の人口は1980年の22万7千人をピークに2010年には18万1千人、2017年5月現在では17万3千人と減少の一途を辿っています。釧路市の人口流出は単純に過疎化というだけでなく、義務教育レベルの低さ、JR北海道の特急スーパーおおぞらの本数削減と減速によるアクセスの悪化、企業の支店や支社の撤退など様々な要因が挙げられています。そこにイオンモールなどの郊外型商業圏がドーナツ化現象を引き起こし、釧路駅前周辺の衰退を加速させています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ