※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

大分県別府市(2)、市街の歓楽街と竹瓦アーケード

繁華街の広がる別府市元町の東側、海寄りの地区を歩きます。

IMG_3647

新宮通りの南側に一本入った路地を歩いて来ましたが、途中二本のアーケード商店街と交差します。

IMG_3697

二本目のアーケード商店街は「セルパセオ銀座」。

IMG_3650

アーケードを越えて海側へと進みます。間口の狭い店舗が軒を連ねる。

IMG_3658

猫も多く見かけました。

IMG_3662

外装を改修しなければ、こんな雰囲気。

IMG_3663

海岸の手前に明治12年創業の共同浴場、竹瓦温泉(次の記事で紹介)が有るのですが、その周囲を現役の風俗店が取り囲んでおります。

IMG_3670

竹瓦温泉の向かい正面に、日本最古の木造アーケード「竹瓦小路」が残っています。

IMG_3672

このアーケードは大正10年12月に完成したそうです。

IMG_3673

現在はほぼシャッター商店街ですが、かつては竹瓦温泉の入湯客向けの土産物店や飲食店などが軒を連ねていたそうです。

IMG_3680

元々は旧別府港から竹瓦温泉まで雨に濡れないよう歩けるのが目的だったとか。

IMG_3674

木造の梁は当時のまま。電線のガイシもかなり古いものです。

IMG_3681

アーケードは途中海の方へと抜けられ、丁度T字の形をしています。

IMG_3696

T字を出たところ。駐車場を隔てて海沿いを走る国道10号に出ます。

IMG_3716

共同浴場などを巡りつつ、夜の繁華街へ。居酒屋で湯上りの生ビールなどを飲みつつ。

IMG_3717

昼間巡った新宮通り南側は風俗店以外真っ暗で、ほとんど営業してませんでした。なので新宮通り及びその北側へ。

IMG_3718

こちら側も渋い路地裏がたくさんありました。開いている店も多く、人通りも多少賑やかです。

IMG_3720

そんな中、一軒のスナック「花実」に突入。

IMG_3938

観光客向けではなく、あくまで地元の人向けのスナック。当たりです。時間制限無しのカラオケ無料、チャージとボトル代のみが料金となります。こういう店をいつも探している。地元の先輩方と仲良くなりカラオケ歌って別府の夜は更けて行きます。しかし、九州のカラオケは長渕剛率が高いwww

大分県別府市(1)、市街地の路地裏飲食店街

一昨年の11月より一年ちょっとぶりに九州。今回は別府から攻めていきます。

IMG_3591

別府は日本一の湧出量を誇る温泉地で、温泉が大衆化した江戸時代より西の横綱と言われて来ました。

IMG_3611

街の規模としても大きく商店街もあり、温泉地というよりは普通に地方都市と言った雰囲気。こちらは駅前の北浜通りの南側に並走する新宮通り。

IMG_3600

新宮通りがアーケード商店街「やよい」と交差する角に老舗の鰻屋「大谷本店」があります。

IMG_3604

限定セットは鰻少なめながら1300円という安さ。蒸さずに焼く関西風の鰻を初めて食べましたが超美味い。

IMG_3613

新宮通りから一歩奥へ足を踏み入れれば、巨大歓楽街温泉街としての名残りを感じることが出来ます。

IMG_3607

こちらは全国でも絶滅の一途を辿っているピンク映画館。

IMG_3616

ヒサシが特徴的な長屋。たまに一階がスナックになっていたり。

IMG_3624

外壁の色が変わってもヒサシの形から同じ長屋の別棟だと分かります。飲食店兼住宅か、あるいは赤線の跡という可能性も。

IMG_3625

その長屋の中央には共同浴場の跡も。組合員と月極め契約者専用と書かれていました。

IMG_3618

路地裏のスナック。やっているのか廃業しているのか。

IMG_3619

夜この辺りを通ったところ暗かったのですが、訪れたのが祝日前の日曜日だったので何とも言えません。

IMG_3620

何棟も連なる長屋はほとんどが木造二階建て。大分県下では昭和20年3月より5回に渡る空襲を受けるも、別府市はほとんど被害を受けなかったそうです。また、特に大きな大火も無かったようなので、戦前建築の可能性もあります。

IMG_3622

建物の造りがことごとく渋い。

IMG_3632

海側に近付くにつれ、スナックビルが目に付くようになって来ます。

IMG_3635

しかし廃業した店がほとんど。

IMG_3637

スナックの扉1枚に対して低い潜り戸がひとつ。カウンター1本の狭い店である事が想像できます。

IMG_3640

最盛期はさぞかし賑わいを見せていたのでしょう。

IMG_3642

こちらもスナックビル。

後編に続く。

【日記】立ち飲み屋より新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

IMG_3557

と言うことで、新年早々仕事終わりの立ち飲み屋です。三軒茶屋の立ち飲み屋、その名も「たちのみや」さん。三軒茶屋に残る路地裏飲み屋街、あの三角地帯に期待通りの渋い立ち飲み屋さんがありました。

IMG_3552

生350円、サワー系300円~、小皿料理300円~。地価の高い東急沿線、しかも三茶にしてはなかなかリーズナブル。
立ち飲みと名乗りながらも8割が椅子席で、なかなか意表を突いてきます。店内は地元の常連さん方が集まる賑やかな店で、好きな雰囲気。一発に気に入ってしまいました。三茶の仕事帰りに通おうかと思います。

IMG_3559

二杯飲んで渋谷で乗り換え 。年末訪れた渋谷桜丘町に立ち寄ってみました。

IMG_3560

一帯の道路は一昨日から全面封鎖。いよいよ工事が始まるようです。ひとつの街を丸ごと潰すので、さぞ大規模な解体工事となることでしょう。

IMG_3562

多摩川通りから入る通り。柵の上から撮りました。元々、三軒茶屋の帰りはこの通りの右手地下に有った立ち飲み「富士見屋」に通えると思っていたのですが、この通りゴーストタウンとなってしまいました。

今年は神田ガード下も消えてしまうでしょうし、新橋駅前ビルも再開発の計画が発表されたとか。行きつけの昭和な飲み屋が次々と消えて行ってしまいます。
新年早々暗い話になってしまいましたが、今年も酒場的新天地を開拓して行こうと思います。もちろん廃墟や温泉も。

【年末スペシャル】記憶に残った情景(2018総集編)

早いもので2018年も終わりです。そこで毎年恒例としている印象に残った情景、2018年の総集編をお送りします。
今年は廃墟好き+鉄道ということで、保存車両や廃車両に興味を持ちました。あと、戦争遺跡にも多く訪れ、歴史を改めて学ぶ機会にも恵まれました。
遠出では春に桐生、夏に秋田から山形と言った感じでしたが、去年同様仕事が忙しくて出掛ける余裕が無く、仕事帰りに田町の立ち飲みに寄ったり、神田や新橋で飲んでばかりの一年でした。


IMG_2262

京成千葉中央駅から先、かつて第三セクターとして開業した千葉急行の未成線区間。全線開通を待たずに千葉急行が債務超過で破綻してしまいました。ちはら台までの区間は京成が引き継いだものの単線のまま。土地開発の光と影を垣間見れます。

IMG_2348

数年振り二回目の桐生。レンタサイクルでじっくり周りました。一番好きなのがこの三吉湯。桐生では多くの古い建物が綺麗に保存されている中、地域の銭湯としてボロいまんま残っている。このくたびれた感じがストライクでした。

IMG_2474

横須賀に残る赤線地帯跡のひとつ、皆ヶ作のカフェー建築。赤線系のサイトでは有名な物件ですが、住宅街の中にひっそりと当時の面影を残しています。

IMG_2521

横須賀の手前、田浦に残る倉庫群。かつて軍港だった頃の海軍倉庫の多くをそのまま使用しています。近年までは貨物の引き込み線もあり、その廃線跡も多く残されていました。

IMG_2604

今年一番の衝撃、神田ガード下の飲み屋街。ガード下で路地が迷路のように巡っていたのは、あまりにも予想外。その後も通い続け今ではすっかり常連になってしまいましたが、今年度で耐震補強工事に伴い一斉退去させられるという噂も。来年も引き続き注目し続けます。

IMG_2773

真夏の猛暑日に坂を登って死にましたが、三浦半島観音崎の砲台跡は多くの遺構が残っていました。

IMG_2778

千葉県旭市、香取航空基地跡周辺の田んぼの中に残る掩体壕。太平洋戦争や特攻隊について色々詳しく調べ、知る機会となりました。

IMG_2949

秋田県秋田市街に残る路地裏飲食店街。残念ながら昼間にしか寄れませんでしたが、次回機会があればぜひ夜の営業時間帯に店に突入してみたいです。

IMG_3008

庄内交通湯野浜線廃線跡の途中にある、善宝寺駅跡に造られた鉄道記念館跡。保存車両も管理する人が居なくなり、朽ち果てて行きます。シチュエーションとしては今年一番のヒット。

IMG_2805

朽ち果てた保存車両にすっかりハマってしまい、秩父鉄道三峰口に放置された車両を訪れました。

IMG_3112

秩父市街は以前からじっくり散歩したいと常々思っていながらも先送りにしていましたが、三峰口のついでに立ち寄ることが叶いました。そしたら予想以上の素晴らしい建物たちが迎えてくれました。

IMG_3332

今年は戦争遺跡訪問にも力を入れました。こちらは茨城県南部の鹿島工業地帯に残る掩体壕。中には復元された特攻兵器、桜花が置かれています。桜花については去年、房総半島に残る発射台跡を訪れていますが、より深く知る機会となりました。

IMG_3353

鉾田市、鹿島灘沿岸の畑の中にポツンと佇む廃車両。倉庫として使われていますが、もはや保存車両の域を出てしまいました。台車や床下機器は外されボディーだけが置き去りにされたその姿は、なんか可愛らしくもある。

IMG_3509

年の瀬、再開発で消えてしまう渋谷桜丘町を訪れました。ずっと先延ばしにしていて行ってなかった戦前木造建築のジュネス順心も、やっと見ることが出来ました。しかしのこ再開発、範囲の広さがエグいです。街一個丸々潰してしまうほど。

とまぁ、そんな感じで、今年はあまり散歩出来ませんでした。来年は頑張ります。
では皆様、良いお年を。

渋谷区渋谷(4)、再開発で消える桜丘町地区

モヤイ像と東急バスターミナルのある渋谷駅桜丘口。駅を出て左手、国道246号線と首都高の高架の向こう側にある桜丘町の一部地域が、再開発に伴いごっそり消滅します。

IMG_3477

線路の上の高層ビルなど、渋谷駅の再開発は着々と進んでいます。

IMG_3476


IMG_3482

範囲は246号沿いのビルから恵比寿方面の線路沿い一帯。

IMG_3485

全ての店舗やオフィスなどがすでに引っ越し、または閉店を済ませています。

IMG_3532

坂の上は高級住宅街でデザイン系の事務所なども多く、かつてこの界隈の街も多くの人通りで賑わっていました。

IMG_3529

この地区の再開発を知ったのは先日、仕事帰り久々に立ち飲みの富士見屋に寄って行こうと訪れた際、街が真っ暗になっていて驚いた次第。あの地下1階に広がる昭和な店にもう行けないと思うと悲しいです。

IMG_3520

このビルのアートスポーツなどは自転車やってた頃よく通っていました。

IMG_3526

また、ここから線路沿いに続く狭い道路は代官山方面への抜け道で、タクシー がよく通り過ぎます。

IMG_3489

街の奥へ進むと、昭和な街並みが広がっています。

IMG_3491

恵比寿方面に向かって線路沿いから一本右手の通り。この道路も廃道となります。

IMG_3493

奥に写っている線路沿いのビルたちも全て解体。

IMG_3498

年明けの1月7日以降はこの一帯全てが立ち入り禁止となってしまいます。

IMG_3505

そう、ここです。ジュネス順心。知り合いから存在を聞いていながら、訪問を先延ばしにしている内に閉館のニュースを聞き、悔しい思いをした古い木造アパート。

IMG_3509

築80年の戦前建築で、一部では有名な物件。残念ながらネズミ駆除に伴い近くまで入ることが出来ませんでした。

IMG_3500

撮影していると、なにやらカメラを持った集団がゾロゾロと。街並み撮影会の集まりか何かでしょうか。

IMG_3501

やめてくれよ!ネタがカブりまくっちゃうじゃないか!などと思いながら一人に話し掛けてみたところ、集団とは関係ない方でした。立場的には私と一緒で、同じ思いだったかも知れない。思わずインスタでフォローし合ってしまいました。

IMG_3513

立派なマンションも全て退去済み。まさにゴーストタウンと化しています。

IMG_3512

線路沿いに出ました。もちろんこの道路も廃道となります。

IMG_3517

埼京線のホームからよく見えていた街並み。

IMG_3519

ひとつの歴史が幕を下ろしました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ