※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県八街市、駅前商店街と映画館廃墟と

八街。ヤチマタと読みます。確か小学校の社会科かなんかでこの地名に触れたような気がします。落花生の生産高日本一ですし、茨城野菜の流通に於ける交通の要衝でもあります。

4C51654D-B74F-4AD6-8CB7-85146B97209F

田畑に囲まれた街は閑散としており、古い建物が解体された跡と思われる空き地がそこら中に広がっています。

4B3F7DF0-7A4A-4F10-88C9-AB41DBF285E3

駅を降りればいきなり渋い長屋、駅前商店街がお迎えしてくれます。

95F11883-A7A1-40EB-B595-A234FB87F186

八街駅南口から線路沿いに東へ伸びる商店街。二階建ての長屋のような造りが左右に連なっています。

D2B13A23-344C-4B41-ADC4-F800462557E2

祝日の午前中だったので開いてる店舗はありませんでしたが、時短営業や臨時休業の張り紙が散見される事から、生き残っている店舗も多くありそうです。

29B9D566-7AC2-48EA-B3DB-F4200C00079A

商店街の外側、線路とは反対側の様子。八街に限りませんが、空洞化によって客足は郊外の幹線道路沿い商業圏に奪われています。

0D7127CC-CF7C-4640-BAFE-7F32AFAEFD9B

途中千葉銀行を挟んでさらに東へと伸びる長屋。統一された外観ですが、かなり大規模な商店街だったことが伺えます。

16E763F3-51DA-469B-ADE8-3BF835435E4F

駅前で唯一営業していた蕎麦屋さんで昼食。かつては駅前も相当賑わっていたと思われますが、えげつないくらいの衰退ぶりです。

A8FF9BBC-F72D-45CA-BB25-8C6CA33F92AB

創業明治27年と言う老舗のお蕎麦屋さん。建物も素晴らしいですが、もちろん味も美味しかったです。

8AB1EE57-2889-4524-8557-872660A8C542

街並みは歯抜け状態を超えて古い建物が孤立状態。まず無料駐車場が無ければ商売が成り立たないのが現状でしょうか。

A090720C-E459-49FB-BB99-39C7ED98B932

かつてはこのような建物が通り沿いに延々と立ち並んでいたのでしょう。しかし立て替えることもなく解体してそのまま空き地となっているのが目立ちます。

3FA51BD6-31C3-4B3D-8B3E-9962913FCD50

さて今回の目的地はここ。駅前商店街からさらに東へ向かった先に残る八街銀映跡。

E6BB4A62-ADC6-4E98-A91E-FCB80F9493F1

なんとも迫力のある映画館の廃墟です。

AFA02947-57DA-4B85-925C-9BF6607CE548

青い豆タイルがびっしり、ほとんど損傷なく残っています。入り口右手の小窓は券売所でしょうか。

04678264-DA0F-4C49-A1ED-2B9E65A7C5B6

この八街銀映は昭和25年開館。かつてこの近辺は八街銀座と言い賑わっていましたが、大火で一帯が全焼。そのまま廃れて昭和50年代後半には閉館となったとか。ちなみに銀映、または銀映劇場という名前の映画館がかつて全国的に存在したと確認できますが、その関連性については一切不明。唯一伊香保にストリップ劇場として銀映の名が現存しますが、そちらとの関係も不明。

E7F0AA18-5E78-4E61-959D-4884E3E20E51

その向かいには商店街の跡らしきものも残っています。

B6392D4B-4278-4AB2-97E3-D609195519CD

すでに廃墟化してますが、煙草屋の跡は確認できます。

94A2F84D-FD28-4032-A1D5-1C72E08B77F4

この並びの一番奥は突き当たりのように見えます。しかしGoogleマップの空撮で見ると屋根が奥まで伸びている事が分かります。

BF9FE409-AC5B-4E55-BA77-787A8E45702D

迂回して反対側へと廻ってみます。すると映画館裏手にも飲食店街跡らしきものが。

E9193573-ABFE-4169-9CEC-51E4E0A5D017

映画館の真裏はこんな感じ。木造モルタルである事か分かります。

2201C604-1975-4F14-8923-A60F9BF8FE98

映画館正面の右手奥は私有地で人が住んでいらっしゃるようでしたので入れませんでしたが、隣接する建物を裏手から覗き見ることができました。恐らくは映画館と同時に建てられた関連する建物かと思われます。

61FC5758-1A14-4049-9241-76CD030199F3

映画館の向かいから南側に伸びる屋根の一番奥へと回り込みました。背の低い、なんだか不思議な建造物です。ちょっと覗いて見ましょう。

438D9CD1-01DB-4797-BD5D-943C61837C35

なんだここは!
商店街?

D3637F03-C68D-4B0E-AFB4-CBD9FF5ADE41

床が半地下みたいに下がっているのでしょうか、それにしたって天井が低い。

5BDBA1FB-1320-4B22-AF76-A898DB71B265

脇から覗いて見たところ。古いポスターなんかが貼られていますが、長い間倉庫かなんかとして使われていたのでしょうか。

B620F593-2D16-4712-BFE1-430C49427576

なんたって外観がこの低さです。大谷石の外壁に木造アーケード。こんな建造物見たことない。
おや?一番奥に扉が……

95766AAB-F08B-4A6B-8205-B0E378CF952B

開くんかい!ww
さすがに不法侵入になると思い入りませんでした。廃墟というか、倉庫として使われているようだったので。
今回の八街はインスタでフォローしてる方の写真を見て知り訪れて見たのですが、いかんせんネット上に情報が無く不明な点が多いです。市役所などで調べた方がいいのですが、なかなかね。

新宿区西新宿〜大久保、旧柏木町の下宿屋地帯

西新宿の高層ビル群から青梅街道を越えて北へ。西新宿八丁目から北新宿一丁目にかけての一帯を柏木と言いました。

D6BECD6C-9A2A-4EE8-9824-D65D135B0179

青梅街道と小滝橋通り、神田川に囲まれたこの地域には大正末期、関東大震災で焼け出された人たちや、その後の地方からの上京者たちで住宅街が形成されて行ったそうです。

948A9CAF-6394-4A68-9254-FBCA9D294F3C

新宿駅や大久保駅からの徒歩圏内、この辺りには戦後から高度成長期に掛けて多くの下宿屋や安アパートが建てられました。

2A217234-5D08-48A3-A956-5DFFF8E0F35A

西新宿の再開発がその範囲を広げる中、高層ビル群に隣接する新宿八丁目に奇跡的に残っているアパート群があります。

2EF6E677-A686-4715-B0EA-19BB8210B544

恐らく同じ時代に建てられたと思われる木造モルタル二階建てアパートは、それぞれ◯◯荘と名前がつけられています。大家さんが別々と言うことでしょうか。

568E68FA-8377-4B67-B97F-BD3F1F484154

すでに空き家となった棟もあれば、まだ住われている棟もあります。

BD9BE368-6709-4A3E-B396-12F31CFD8F6B

とは言え、今の若者はなかなかこのような下宿屋みたいな部屋には住まないでしょうし、高齢化も進んでいる事でしょう。

15277E79-B425-4076-8CD9-43D7C2D88D68

門柱には旧町名である柏木の名が残っています。不動産情報を調べたところ1955年(昭和30年)建造。築66年になります。

02D53C18-C72A-4831-8676-39B289653878

向かい側にも木造アパートがありますが、すでに空き家となり解体を待つばかりです。

979FBF5E-20CC-4F62-8D62-7DB21C1BFD24

職安通りを越えて大久保通りの手前、北新宿一丁目まで来ました。ここはかつて上京して来た私が住んでいた街になります。

C37E127D-D5F3-42B4-9940-A6BF4D083BF3

昭和62年当時、家賃23000円で6畳一間、風呂無しトイレ共同のボロアパート。残念な事に、柏荘という青春時代を過ごしたその建物はすでに姿を消していました。当時通っていた近くの銭湯もコンビニになってしまった。

E024C397-DCC3-467B-917C-E73497AD17A6

だがしかし、その隣のアパートは残っていました。まさにこんな感じの木造モルタル二階建てアパートです。一階に住んでいましたが、二階の中廊下が板貼りで、人が歩くとギシギシ音がしてました。壁も薄く、どこぞの痴話喧嘩も丸聞こえ。ゴキもネズミも出て来ましたが、プロカメラマンを夢見て専門学校とアルバイトの毎日。立地の良さから半分溜まり場みたいになっていて、しょっちゅう飲み明かしてはみんなで雑魚寝してました。

7091E99D-D82C-482E-B0DF-5C3262AFA7C0

そんな想い出に浸りながら大久保駅。この駅は当時のままです。かつてロッテの工場が有った事から今でこそ新大久保辺りは日本屈指のコリアタウンとなっていますが、当時はまだドヤ街の雰囲気が残っていました。

F6DDD5EB-24E9-484D-B13C-5ACB10D4EBC4

北口から南口までの線路沿い。この辺の狭い路地なんかもあまり変わっていません。

988A05E6-CF8B-4442-BAEA-B4A961A7BF27

と思ったら、なんかとんでもない物が出来てました。なんだコレは。

42EBC594-5DBF-44C9-828A-94683DB752C7

学生時代にバイトしてたスーパー丸正大久保駅南口店跡。随分前に閉店していますが、すっかり廃墟のように。ただオーナーはまだ上に住んでいらっしゃる様子。
そんな訳で上京して来た街を歩いて来ました。この街に育てられた結果、今のような嗜好になってしまったという。

【日記】町田で立ち飲み

ブログ更新出来てない焦りが……。
本当にどこにも行けてないので、せいぜい日常の立ち飲みぐらいしかありません。

B42AE595-F802-4A30-9DE2-84BF340B39C7

最近は町田が勤務先となっています。町田は2015年の初夏ぐらいに通ってた以来。駅周辺にもこのような路地裏飲食店街が有ったりして、なかなか奥深そうです。

D80CB8A2-AEC5-4746-BC3A-EF4F47816BE8

仕事帰りは立ち飲み屋。店名もそのまんま立ち呑み屋です。

62D085A1-C591-4A95-AC4D-6E3B6E682814

地元民で賑わうなかなか良い雰囲気の店でした。

267C0D6E-FD68-4CD0-8D18-C48363B40566

けれど結局のところチェーン店の晩杯屋さんが安いです。

D6C161AB-20BF-403F-8A85-8F671A08A92A

首都圏で急成長を遂げたチェーン店なので今まで避けて来ましたが、生2杯とつまみ2品で1000円てのは無視できないし、なんと言っても喫煙可能ってのが有り難い。最近では下北沢の晩杯屋さんにも通ってました。

温泉入りたい。スノボ行きたい。来月ぐらいには余裕も出て来るかな。

【日記】神田駅南口ガード下の神田小路が移転

やばいくらい更新が止まっていました。年明けからとにかく仕事が忙しくて、緊急事態宣言位前にどこへも行けず何も撮れず、久々に一カ月以上更新が止まってしまいました。未だに忙しく、どこにも行けてないのですが。
先月、どこも8時に閉店する中、横浜ならなんとかなるだろうと飲みに行きました。寿町で飲んで野毛に移動したのですが、どこも8時閉店の時短営業。去年の春の緊急事態宣言の時は関係なく営業していた店舗も多かったのですが、今回は逆に罰金が有ったり保健所がしっかり巡回していたりするそうです。
あと、上野にも行ってみました。蔵前で仕事してその帰り、御徒町から歩いて大統領の周辺。観光地化に伴って増えた新興居酒屋たち(6軒ほど)が、8時以降も堂々と営業しています。ありがたやと飲んでいたのですが、8時閉店の店で飲んでいた人たちが8時を過ぎて一斉に徘徊し始めます。罰金払ってでも開けた方が利益になると考えている店たちは、歩道にテーブルを並べて屋台状態になります。シャッターを閉めた隣の店の前にまでテーブルを並べ、それでも座りきれないほどの人の多さ。一軒では出来ないけど数軒が足並みを揃えて営業すれば、商工会も行政も黙ってしまうのでしょう。法律で禁止されている訳ではなく、あくまでも要請だからと言う事で。
チェーン店系カラオケボックスも深夜まで営業している有り様ですが、ある意味有難い反面感染リスクも高い。苦渋の決断で時短営業したり休業したりしている飲食業界からは妬まれると思いますが、それぞれの街の雰囲気として、灯りが消える街と消えない街とがある。新橋や神田はそもそも人通りが無くなるので無理に店開けてもしょうがない。それが現状です。

さて、記事を書くには写真の一つでもアップしなければ。

7CCC1AD4-3334-4A4C-8B1F-6938E532AAA4

去年2020年の3月に5軒が閉店となった、神田駅南口のガード下飲食店街、神田小路。移転先店舗工事の遅延やコロナの影響なんかで、なんだかんだで6軒ほどが移転を一年延長していました。

B273AFFB-CA57-47AE-A4EA-92F72DDAF3A1

そして今年1月末で佐々文が移転、歩は移転準備のため一時休業。いよいよここも解体かと思っていました。

BB34CB77-5BD9-449F-9AAF-AC5897A12E2A

ところが先日行ってみると、フジクラと次郎長寿司とやったるでぇがまだ営業しているじゃないですか!

34BB93DC-7CAC-4C3A-A961-DC6053BDDAEC

こちらが移転先の佐々文新店舗です。ちょうど今川小路から移転して来たまり世さんや神田(ジンタ)さんの裏手になります。どうやらフジクラさんはこのまま廃業するとの話。移転先予定だった所はコーヒー屋さんに権利を譲ったとかで、開店準備をしてました。まぁフジクラのマスターもいい歳だし一回倒れてるし、今から新店舗作ってもっていうね。やったるでぇさんは今月ぐらいには移転すると思います。何しろ千代田区からいい加減に出てけっていわれてるしwww

【正月特別企画】回顧録・昭和の鉄道

あけましておめでとうございます。
正直に言います。昔、鉄っちゃんでした。昔と言うか今でも鉄道好きですが、それは鉄道が絡む写真を撮る際、必ず列車が走って来るまで待つという時点でバレバレなんですがね。
2018年の正月、1988年の日本一周旅の写真(全て鉄道)をアップしましたが、今回再び押し入れの奥から引っ張り出して来た写真をデジタル化してアップします。

IMG_5816

まずは1977年くらいだったか、小学校4年生ぐらいだと思うのですが、父親と上野駅に行った時。カメラは買ったばかりの富士フイルムのバカチョンカメラ(死語で差別用語)。当時はL特急に絵入りヘッドマークが採用されたばかりの時代です。盛岡行き「ひばり」の前に突っ立っている子供が私です。モヤシだなぁ。

IMG_5806

東北上越新幹線開業前の上野駅地上ホーム。当時は15番線から20番線までは空も見えていましたが、新幹線が上野駅まで延伸された際18番線以降は地下の新幹線ホームとなり、現在では空も見えなくなりました。

IMG_5775

同じく1977年頃の上野駅。18番線に停車中の常磐線のボンネット型特急「ひたち」。奥に停車中の気動車は恐らく急行「奥久慈」。

715CCFCE-8DD9-4DAC-B545-D10A979F3A61

この当時、関東鉄道鉾田線(鹿島鉄道)に乗るため、20番線から10系旧型客車による普通列車に乗って行きました。小学生にして旅好きな父親にせがんだ行き先が地方ローカル線と言う渋さ。生まれつきの変態なんです。ここは2016年3月に、その廃線跡を訪れています。

IMG_5817

恐らくは夜行列車の急行「おが」ではないかと。気動車が上野駅に入線してたのも衝撃ですが、キハ58系で長距離夜行急行と言うのもなかなか。

5BF8F521-651D-47B0-95B3-C3C16A27A632

もう1枚上野駅。この頃に家族旅行で仙台松島に行った覚えが有るんですが、多分その時に乗った寝台急行「新星」。関西方面には「銀河」に乗って行ったし、寝台と言えば急行ばかりだったので20系でした。一度「妙高」で10系寝台に乗った事も有りましたが、中学高校と一人旅を始めるようになってからは専ら18きっぷで大垣行き夜行鈍行が定番となりました。

30A7525A-D758-4306-AB7E-650EBC8292E2

この辺は恐らく1980年代に入っていると思われますが、新宿駅の小田急ロマンスカーSE車。東海道新幹線開業以前に世界最速を叩き出した名車です。

6A627FA1-3EED-4026-8270-C0898743E9A9

中学に上がり一眼レフデビュー。RICOHのカメラにPENTAXのレンズ。東海道本線を走る国府津車両区の旧型国電による試運転。この車両は恐らく昭和10年製造のクモハ40054で、現在青梅鉄道公園に展示されています。もしかしたら戦時中や戦後の山手線や京浜東北線などでも活躍していたかも知れません。

D69C9792-838F-412F-8507-EE14E6BE64E2

1983年、中2の夏に従兄弟と2人で広島の可部線に乗りに行きました。廃止になる前の旧型国電を撮るのが目的で、子供の頃から古い物を追い求める傾向がありました。

87BA9DED-920E-4072-A587-BFDC26D48BAF

こちらは伊豆箱根鉄道大雄山線の154型。1984年のさよなら運転のヘッドマークが取り付けられています。

E5646DD0-1CC4-4534-BDCC-64CE7C75E37E

高校に入ると身近な所で東海道本線沿線に通いました。今ではすっかり絶滅してますが、東海道本線では珍しいEF62。もうすっかり撮り鉄として仕上がって来た。

418DACEF-65CF-4B5B-91B6-2C46D6F76976

根府川鉄橋には何度通った事か。特にEF5861を追いかけていました。写真は臨時の踊り子55号。

140FB71F-BCD0-4C83-9F8F-8C198A21B70F

高校二年にして青春18きっぷで日本一周する訳ですが、この経験は大きかったです。

6DBC592A-3BFA-4214-BF8C-CB1E18F0C55A

高卒後上京して専門学校に通うわけですが、好きに旅して好きな写真ばかり撮っていられたのも学生時代、つまり80年代まででした。社会人になるとなかなか、と言いながらも、今また好きな物を自由に撮ってますがね。写真は名鉄揖斐線の車内。

BC97965C-241D-40E8-97AA-6F6A1406014D

おまけ。1976〜7年頃、実家の裏手の箱根新道で撮った昔のはとバス。
押し入れを漁ればまだまだ色々な写真が出て来ると思います。また面白い物が出て来たら機会を見てアップしようと思います。
しかしつくづく思った。なんでこう鉄道しか撮ってないのかと。今では見られない貴重な建築物や街並みなんかも、あったろうが!

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ