※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

※ブログ開設のお知らせ

ここのところ仕事が忙しくロクに写真も撮りに行けない昨今ですが、先日たまたまlivedoorブログのデザイン設定を見ていたところ、まだβ版ですが縦書きなる物を発見。これを機に30代の頃書いていた小説のデータを保存しておこうと思い立ちました。
主に2000年~2010年頃に書いていた物で、読み返すと我ながら恥ずかしい物ばかりだったので、ひたすら何も考えずにコピペしました。
気が向いたら久々に新作なんか書ければとも思うのですが、そんな訳で新ブログ開設しました。ただしPCやipadなどのフルプラウザでないと縦書き表示されません。(動作確認ipad使用)

鰻田ニョロの小説部屋

なにぶんテキスト置き場的な物なので滅多に更新することは無いのですが、もしよろしければ箸休め程度にお読みいただけたら幸いです。

【日記】軍艦マンション〜新宿立ち飲み屋探し

お盆期間中は横須賀に通ってましたが、現在また新宿勤務が続いてます。朝は新宿駅のバスタ側の改札から二丁目を抜けて現場に行ってます。

IMG_1163

新宿二丁目もたまに飲みに行ってますが、未だに街並みをちゃんと撮ってはいません。旧赤線時代の名残は全く無くなってますが、一度じっくり撮影しないと、とも思っています。飲みに行ってる時は、すっかり出来上がって終電も終わって、行き着く先が二丁目だったりするので、撮影どころじゃないってのが常。

IMG_0666

帰りがけ散歩がてら新大久保方面に歩いていると、職安通り沿いに軍艦マンションを発見。

IMG_0668

軍艦マンションという名前は耳にしていたものの、何処に建ってどんな姿をしているのか、昔大久保に住んでいながら全く知りませんでした。見つけたのは本当に偶然。

IMG_0671

このマンションは以前、第3スカイビル(鉄のマンション)と名付けられていた渡邊洋治氏の設計による建物で、1970年竣工の地上14階、地下1階建ての、俗に軍艦マンションと呼ばれていた共同住宅です。現在ではオーナーが変わり、2011年4月より、オフィス・シェアオフィス・シェアハウスの賃貸物件「GUNKAN東新宿ビル」としてリニューアルオープンしました。(参照・Wikipedia)

IMG_1180

ともあれ、夏は仕事終わりの生ビールが欠かせない。けれど東新宿駅近くの山根商店は、二人で行けばエアコンの効いた店内で飲めますが一人だと暑いカウンターに回されてしまう。美味いから通いたいんですけどね。

IMG_1191

と言うことで最近は、新宿御苑前駅の商店街にある銀だこで済ます事が多くなってます(たこ焼きも美味いが串カツも何気に美味い)。チェーン店は避けたいところですが、6時までなら生300円ハイボール200と安い上に、エアコン効いてるし居酒屋メニュー豊富だし、座れるのにチャージ掛からない上、一杯だけで店出ても白い目で見られないし。渋谷のプロントもそうでしたが、結局遠くの立ち飲みより近くのチェーン店が楽。
そんな訳で現在、新宿でもっと通いたくなる立ち飲み屋は無いものかとウロウロしています。

IMG_1154

西新宿、小滝橋通りの西側は以前、チェーン店の天狗と数軒のスナックぐらいしかないような、住宅と倉庫ぐらいしかない街でした。しかし久々に歩いてみると、すっかり飲み屋街になってたので驚き。しかも立ち飲み屋までありました。

IMG_1153

おおの屋さん。若いスタッフが元気よく営業している、比較的入り易いお店です。焼き鳥がメインで作り置きのおつまみは冷蔵庫から勝手に取り出すシステム。値段はまぁ普通と言ったところでしょうか。

IMG_1165

こちらは新宿三丁目に最近できた立ち飲み屋いっぷくさん。三丁目で飲む時はいつも寄っていた右手角のタバコ屋さんが潰れていたのはショック。

IMG_1168

値段は三丁目価格。新宿三丁目って基本的には安くないんです。末広亭並びの呑者家は特別として。

IMG_1160

でも結局、新宿を諦めて新橋に行ってしまったり。こちらは新橋駅前ビル二号館地下の「蘭蘭」。

IMG_1161

そして最終的には新橋駅前ビル一号館地下の「南」に落ち着く。新宿関係なくなっちゃったよ!

追記。新宿6丁目界隈には、かつて小規模な商店街が住宅街の中に混在していました。その名残で個人商店がポツポツと残っています。

IMG_1188

そんな個人商店のひとつである洋食屋さん『サバナ』に最近よく行ってます。

IMG_1185

日替わりランチ700円。ドライカレーにハンバーグをトッピングしたもの。

IMG_1184

メニューはピラフ、カレー、スパゲッティが中心。気になるのが日本風スパゲッティ。和風パスタでは無く日本風スパゲッティなのです!wwww

静岡県熱海市(9)、山にめり込むヘアピンカーブ

およそ一年半ぶりに熱海へ行って来ました。

IMG_1145

ついに旧駅舎も建て替えられて完成した熱海駅。観光客の数も年々増加しているように思えます。

IMG_1063

駅から市街地へと下る途中、来宮方面へ向かう山沿いの道を入って行ったところ。山を登っていく非常に狭い道があります。

IMG_1064

今回の目的はここ、野中山トンネル。私が敬愛するサイトの一つ「山さいがねか」様で紹介されていた記事を読み、ぜひ一度行ってみたいと思ってました。

IMG_1086

狭くて急な坂道を少し登るとすぐトンネルの入り口です。しかしすでにトンネルの姿として異常。

IMG_1067

斜度は急なまま、トンネル内で180度ターン。

IMG_1072

あっと言う間に出口。この坂道、行き止まりなのに意外と車が通ります。もちろんすれ違いなど出来ません。

IMG_1078

坂の下の方を振り返ります。怖いくらいの下り坂。タクシーの運転手さんも通った事が何度かあるそうですが、ここは行きたくない道だと言ってました。※奥の人影は連れであり、おばけじゃありませんwwww

IMG_1071

この衝撃はなかなか写真では伝わりづらいのですが、特にコーナーのイン側の斜度が鬼。

IMG_1070

そのイン側を見てみれば、トンネルというよりコンクリートの柱です。
なんて言うか、もはや変態!
こんな場所に来て喜んでいる私も然り!(笑)

IMG_1084

トンネルを抜けた先も急坂は続きます。へばり着くように建つ民家が崖から迫り出している。熱海の山間部はこのような無茶な道が多いのですが、ここの無理矢理造った感はトップクラスかと思います。

IMG_1082

その先のヘアピンも鬼です。坂の上には実業健康保険組合の保養所サンライズ熱海やリゾートマンションの野中山マンション、リラックスリゾートホテルなどが斜面に建っており、程なくして行き止まりとなります。しかし考えてみれば道の奥のマンションやホテルなどは、建設工事や改修工事の際、2トントラックでも厳しそうなこの坂道をいかに登って資材を搬入したのでしょうか。

IMG_1097

今回も宿泊は竜宮閣さん。宿泊は2回目、1回だけ立ち寄りで入浴。温泉好きの中でも特にマニアな方々もさる事ながら、昭和建築マニアの間でも竜宮閣ファンは居るもので、この日も日曜日の夜なのに他にも宿泊客がいらっしゃいました。

IMG_1103

お風呂には黒い綿状の湯の華が大量に漂っており、相変わらず極上のお湯でした。

IMG_1118

夜は湊町まで降りて海沿い、飲食店街菊川会館のL字通路にある居酒屋へ。昔はスナックだったのでしょうか、カウンターのみの狭いお店が軒を連ねています。この通路のお店はオーナーが一緒のようで、魚介担当、肉担当、ドリンク担当などと役割を分担させながら、メニューを共通にしているようです。

IMG_1121

入ったお店は魚介担当。ドリンクや肉料理は他の店から運ばれて来るという、面白いシステム。クリームチーズにイワシ節と醤油をかけた横丁チーズや、ニンニク油で煮込んだ鳥皮など、酒が進むメニューが豊富。そしてしばらく飲んで居ると花火の音が。

動画(You tube)

居酒屋を出ると目の前で花火が上がっていました。熱海の花火大会は30分ほどの短い物ですが、年間を通して18回も開催されています。また30分だからと言ってショボいわけでもなく、内容の濃いい素晴らしいものです。つまり花火大会がメインではなく、美味しい海鮮料理食べて温泉に浸かって、散歩がてらにビール片手に海辺で涼んでいると花火が上がる、あるいは海の見える部屋や露天風呂などで寛ぎながら花火を眺める、と言ったスタンス。私も居酒屋で飲んで店を出たところでビール片手に花火を眺め、終わったら同じ居酒屋に戻りました。

IMG_1135

4年前の春に訪れたスナック「シーレディー」さん。第一交通タクシーの運転手さんに教えてもらった第一交通の二軒隣のスナックで、地元の人しか来ないようなお店なので観光地価格ではないため安い。地方のスナックに再訪するたび潰れてないか心配になりますが、残っていると安心します。

IMG_1148

翌日、昭和町にある和田タバコ店を訪れました。ここは駄菓子屋に置いてあったレトロゲームの博物館のようになっており、しかも全て実際に遊べます。店内は一切撮影禁止ですが、10円玉をパチンコみたいに弾くやつとか、国取り合戦ゲーム、ルーレット、スーパーマリオの元祖である駄菓子屋筐体からインベーダーまで、懐かしいゲームの宝庫でした。
その後はMOA美術館の北斎展を観て、今回は帰りました。

静岡県熱海市(1)、昭和の熱海、竜宮閣・日航亭大湯
静岡県熱海市(2)、観光産業の光と影
静岡県熱海市(3)、今に残るカフェー建築
静岡県熱海市(4)、来宮の山沿い〜山田さんちの山田湯
静岡県熱海市(5)、2015年末で閉鎖される水口第一第二浴場
静岡県熱海市(6)、坂の途中の建築物と海沿いの廃墟
静岡県熱海市(7)、旧赤線地帯再訪〜渚町
静岡県熱海市(8)、龍宮閣に再訪・福島屋旅館・駅前浴場

神奈川県横須賀市横須賀中央(2)、横須賀中央駅周辺

やっぱり横須賀は好きです。どぶ板通りなどはすっかり観光地化されたものの、2006年と2007年過去に二度訪れた時と、街の景色がほとんど変わっていません。

IMG_0991

仕事中、昼メシどうしようと考えた時、そう言えば海軍カレーって食べてないなと。てな訳で京急横須賀中央駅近くにある横須賀海軍カレー本舗に入って見ました。場所はCoCo壱の隣(笑)。一階は観光案内所の併設されたお土産屋さんになっています。

IMG_0988

艦これ運営鎮守府も納得だそうです。なるほど、軍港の街としては艦これに乗っからない手は無い。

IMG_0989

唐揚げが無駄に美味い。いや、さすが横須賀名物だけあってカレー、マジ美味いです。仕事で来てるのに気分はすっかり観光客です。

IMG_0986

海軍カレーを出て交差点を渡ると、アンテナに引っかかるような気になる居酒屋さん「福ちゃん」が目に入りました。立ち飲みと書いてある。この交差点を右奥に進んだところに、かつて金星劇場というピンク映画館があったそうですが、すでに解体されマンションが建っています。残念で仕方ない。噂では晩年、あちら系のハッテン場的な痴漢映画館になっていたとか。いわゆる上野地下劇場みたいな。

IMG_1009

夕方改めて「福ちゃん」に入って見ればカウンターに椅子の並ぶ座れる居酒屋さんでした。イワシ刺し、粉茶ハイ、共に300円でシステムは代引き。祝日にも関わらず営業している、地元密着型のお店です。

IMG_0987

福ちゃんの脇にはスナックビル系飲食店街。

IMG_1021

横須賀中央駅から駅前大通りを進んで右手に入ると老舗の焼き鳥屋「相模屋」さんがあります。

IMG_1036

夕方通って見れば、案の定の人だかり。カウンター席もありますが、立ち食い、持ち帰りの店って感じです。

IMG_1020

この駅前大通りから一本入った路地裏の狭さは、都心とは雰囲気の違う地方都市ならではのものと思います。

IMG_0982

飲み屋街は若松町3丁目の崖下に広がる路地裏迷宮地帯だけではありません。

IMG_1013

8月12日、昼休みに歩いていたら年に一度の沖縄フェスティバル、第10回いーちゃ・イチャ・フェスティバルが開催されてました。横須賀でまさかのエイサー。

IMG_1029

市役所前の広場には特設ステージや屋台などが出ていたので、昼メシは出店の沖縄ソバにしました。しかし仕事中のためビールは飲めず、午後は頭の中がオリオンビールでいっぱいでした。そして夕方、待ちに待ったビール。なんだろう、すっかり横須賀を満喫しているんですけど。(笑)

IMG_1038

駅前大通りに戻ると左手通り沿いに三笠ショッピングセンターがあります。三階建の細長いビルで、中はアーケード商店街のようになっており、いわゆる昭和のショッピングモールと言ったところ。ちなみに二階三階は各店舗ごとに階段があるメゾネット形式。アーケードの屋根の上は洗濯物も干せる二階共用スペースとなってますが、関係者以外立ち入り禁止。

IMG_1054

ショッピングセンターが終わった先にも古い商業ビルが。大滝名店ビルと言って二階はスナックやバーなどが入っています。

IMG_1049

その向かいのビルの壁にリスさんが!山が近いからこそですね。

IMG_1058

最後に若松飲食店街入ってすぐ、姐さん方が切り盛りしている立ち飲み屋「310(サトー)」さん。出勤前に一杯飲んで行ったりスナックや居酒屋の前の一杯目として立ち寄るような、地元に愛される良い店です。

IMG_1061

コロッケ、ヤッコ、キムチ、ハムカツなど簡単なおつまみは100円。代引き制で割り物300円、生500円。通いたい店がまたひとつ増えてしまいました。

神奈川県横須賀市横須賀中央(1)、若松飲食店街の路地裏迷宮

2017年のお盆期間中は横須賀で仕事となりました。久々に訪れる横須賀ですが、朝や昼休み、仕事帰りなどを利用して散策して行こうと思います。

IMG_0992

横須賀中央駅随一の繁華街である若松飲食店街、若松町3丁目へと入って行きます。

IMG_0994

狭い路地がクランク、ドンつき、T字路と複雑に入り組んでいます。突き当たりに惹かれる建物。

IMG_0995

その左手にもこれまた渋いスナック。まるでカフェー建築なんて考えてしまうのは病気みたいな物で、横須賀の赤線跡と言えば安浦、皆ヶ作(その内行きます)、柏木田(その内行きます)などの有名どころが周囲にあります。

IMG_0996

しかしながらこの迷路のように張り巡らされた路地は人目をはばかるが如くで、青線にしろ私娼にしろ、何がしかは有ったのかも知れません。

IMG_0997

奥へ進むと崖が迫るという三浦半島らしい地形。崖を背にこれまたバラックのような飲み屋さんが建ち並んでいます。

IMG_0998

横須賀中央駅の海側右手に入ってすぐの通りで、ここが飲み屋街のメインストリート。ちなみに京急線はトンネルから出て来て駅を挟み即トンネルへと入って行きます。

IMG_1002

こう言う雰囲気、たまらなく好きです。

IMG_1003

鉄筋コンクリートとは言え、このスナックビルはかなり年季が入っています。

IMG_1004

ビルを抜ければ向こう側の路地に出られる。

IMG_1005

狭い迷路は歩いているだけでも楽しいです。

9ACD42AD-83FD-4CAA-A677-835C8E767055

上の写真、ピントぼけてるはブレてるは暗いはで、どうしようもない物ですが、2006年に酔っ払いながら古い携帯で撮ったもの。この廃墟が非常に印象に残っており、いつか必ず再訪しようと頭の隅でずっと思い続けていました。次の記事で訪れる立ち飲み屋「310」のママさんや常連さんに聞くも、気が付けば廃墟で昔は何だったのか覚えてないとの事。

IMG_1023

同じ場所に行って見ると、案の定解体されていました。もちろん奥に写る高層マンションも当時はありませんでした。

横須賀、まだ続きます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ