※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】横浜のドヤ街寿町で銭湯からの居酒屋

日本三大ドヤ街の一つと言われている寿町の銭湯、翁湯に立ち寄りました。
過去の記事はこちら。
神奈川県横浜市、寿町のドヤ街
永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

画像 014

かつて寿町の中心には寿町労働福祉会館がありました。昭和49年に出来た公益財団法人で、職業紹介所や診療所、銭湯などが開設され、上層階は市営住宅となっております。当時は冬場ドラム缶で火をくべていたため一階の天井が煤だらけでした。

544051B4-30DC-4DE6-B640-8F0E209491CB

その施設が去年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。内容は以前と全く変わっていないようです。一階の屋根の下では老人たちが地べたで将棋を指していました。

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

その二階にある銭湯の翁湯。洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。

882146C6-B521-4195-A366-36F57677C846

銭湯を出ると目の前にはバラック飲み屋街。風呂上がりに入ろうと覗いて見ると飲み屋ではなくノミ屋だったりして、その両隣りもスナックだったりして、しばらく露頭に迷う。

4EF2DDB1-8DB2-4483-A89A-5787E717F79E

とにかく喉が渇いたので、東側に少し歩いたところの比較的敷居の低そうな居酒屋「めぐ」さんに入りました。

10676B56-7581-42B1-A610-A46811572198

韓国人の気さくなママさんが一人で切り盛りしている店で、自動的に晩酌セット、生ビールとタコ刺しで1000円。だいたい一品4〜500円と言ったところですが、タコ美味かった。聞いてみるとこの界隈で居酒屋的なメニューがあるのは3軒ぐらいで、あとはだいたいスナックだそうです。

FA96C8E4-CC1E-4B86-B0CF-3CB276F2E1D8

後日、更に開拓しようと思い寿町に立ち寄りました。寿町西側の路地裏飲食店街は戦後のニューカマー系のコリアタウンなのですが、う〜ん、二の足を踏んでしまう。

04C38F34-E39E-4AED-A346-37439EF14427

大通り沿いなら入り易いかと、翁湯の向かいのスナック優子さんにイチゲン突入。生ビール二杯とウーロン割り3杯ぐらい飲んで、おつまみ二回頂いて確か3500円。カラオケに1000円投入。楽しい時間を過ごさせていただきました。韓国系のママが綺麗で優しくて、また来たいと思いました。この界隈の歴史についても聞きたかったのですが、寿町の先輩方と楽しく飲んで歌って満足してしまった。
ちなみにマイクは毎回消毒してますし、そもそも横浜でコロナが出たのはホストやキャバクラのある歓楽街の福富町辺り。意外と言っては失礼ですが、中村川沿岸ではコロナは発生していないようです。

寿町は日本三大ドヤ街と言われています。しかし実際はヤの付く方々の街である以外に、コリアタウンという側面もあります。とは言え、この街の在日韓国人系のママさんや女将さん達は、金に厳しいながらも日本人とほぼ同化している印象を受けました。なんて言うか、それが当たり前の世界。人種云々は置いといて、そこで暮らす人々であり優しさがありました。
すっかり酔ってしまいましたが、ともあれこう言う街に落ち着く自分が居ます。

神奈川県横浜市、横浜で銭湯巡り

最近家の風呂釜の調子が悪く、現在勤め先の横浜市南区にて仕事帰りに銭湯へ寄る事が多くなりました。

63D17751-EA86-4573-9E23-A28E27A8F32D

まずは重複しますが以前の記事でも触れた中村町にある仲乃湯。市営地下鉄阪東橋駅から横浜橋商店街を抜けた先にあります。
Googleマップ

0318B8A2-07F8-41F2-B748-B150963DFC8C

何度か通ってますが、周りがドヤ街で風呂上がりには近くの角打ちやフライ屋、横浜橋商店街などで一杯というコースが出来上がってます。

891ACDE8-DC9B-44E4-AD9D-2361D5CF4C60

銭湯画こそありませんが中は広く、小さな露天風呂まであります。

AC59ADA9-EE4D-4371-8A53-953819B5A592

こちらも昔の記事で触れてますが、永楽町にある永楽湯。市営地下鉄伊勢崎長者町駅と阪東橋駅の間ぐらいにあります。
Googleマップ

A4A26E38-E2AB-4D68-AA8E-7A0EB850F1AB

ここは横浜でも珍しい鉱泉の黒湯が楽しめる温泉銭湯です。

EEF7FF6E-08A0-4786-821E-A905700160BB

この辺りは昔、永真遊郭があった辺りで、恐らくはその当時のままと思われます。中之湯同様、見事な折り上げ天井。

D587BA48-6298-4500-BCE2-F3059B5F2313

こちらは弥生町にある辯天湯。べんてんゆと読みますが、市営地下鉄伊勢崎長者町駅のすぐ近く。
Googleマップ

31652586-4640-414A-B7D8-CE6419929412

アプローチが渋過ぎると思ったら裏口でした。こちらが大通りに面した正面。マンションに併設されている銭湯です。

FC60C816-AD71-4CC3-B4C2-3DA9B9BFB937

ラドンイオン発生器、ミネラル温浴剤、超音波マイクロバブル発生器など色々あり過ぎてよく分かりませんが、それよりなによりも46度あって超熱いです。浴室にはモザイクタイルで姫路城がドット画のように描かれていますが、ちょっとイビツに歪んでます。

395B4F41-002F-4122-A4E6-C22B5CFE5C92

脱衣所は昔の町医者の待合室みたいで、とにかく突っ込みどころが多い。

1998C063-DBC4-4F4C-BD18-EB12355E7922

こちらは戸部町にある松島館。市営地下鉄高島町駅から歩きます。
Googleマップ

2AF00D22-A2DA-4A57-B4A4-D5F4202F2182

こちらもかなり歴史のある銭湯。裏手は小高い丘となっており、その上は住宅街。

52C59D67-7F4E-460F-903F-341A7B349CD3

浴室には板貼りの壁に富士山の銭湯画。温度計は42度を指してましたが、体感的にはちょい熱め。

AB743B87-27A5-42E1-8C87-D3C58795099C

骨董品クラスのマッサージチェアー。使われる人は居るのでしょうか。

225EAC92-3DDF-4D1F-9624-4A0362C9CAD1

最後に少し離れますが、大和町にあるいなり湯。根岸線山手駅から商店街を進んだ奥にあります。
Google マップ

FEC454A2-593A-406D-9CA7-75D16F08E029

ここは至るところが古いまま。バネ式の下足箱の鍵なんかも懐かしいです。

068F4E31-201F-4163-A92B-59EE09E56FEA

折り上げ天井に埃の被ったシャンデリア。ここも数少ない鉱泉の黒湯に入れる温泉銭湯です。ほぼ無臭ですが多少肌に纏わり付くような浴感。深い浴槽に腰掛けて胸まで浸かっていれば、汗が止まらなくなります。

40B4797D-DB8D-4336-B93B-0186E672DCBD

ここにもマッサージチェアー。と思ったらお爺さんがコインを投入。バタバタと爺さんの背中を叩く音が。

17118DB8-0241-447C-A1DA-C2D1E502A1B6

風呂上がりには斜向かいにある立ち飲み屋、大和町もつ肉店で生ビール。

F74EDE86-F540-4181-957C-1F0F5A3F6318

生490円、割り物400円と、そんなに安くないと思っていたら、350円のもつ煮が溢れている。しかもトロトロで超美味い。鶏レバーも一本150円ですが半焼きで溶ける。ちょっとこの、いなり湯から大和町もつ肉店へのコースはまた行きたいと思いました。

FF407058-B7FC-4C8B-9001-CC0D76FAD23E

おまけ。京急日の出町駅と黄金町駅の間、かつてチョンの間地帯だった街にある、人間用コインシャワー。人間用と銘打つあたり、犬でも洗ってた輩がいたんでしょうか。

3DA4CA9B-A480-4486-BEF3-2A16941B20FD

昔、25年ほど前まで私が住んでいた新宿区の大久保にも、このようなコインシャワーがありました。今ではほとんど残ってないんでしょうかね。

4AD0CEE6-83AE-443C-AE23-24FF8E799B87

当時は10分100円とかで、100円だけだと頭を洗ってる最中に止まってしまうという。風呂無しアパートだったので、よく利用していました。

72AE1507-29AC-40B8-B1AC-F4C7ADE99A4B

かつてのチョンの間跡地は当時の面影を残したまま。美大生にアトリエとして安く貸したりしているようですが、いまいち発展している様子も無く、半ばゴーストタウン化しているのかも知れません。また近い内、昼間にでも再訪出来たらと思います。


神奈川県横須賀市追浜(2)、追浜駅周辺の立ち飲み屋

いやはや、行って見ないと分からないものです。京急で金沢八景の先、各駅停車しか止まらない追浜駅に降りて見たら、素敵な飲み屋さんだらけの街でした。

90D13F6E-374B-40BF-B42B-D4D707336C2D

第三海堡に行く際行程をGoogleマップで検索したところ、金沢八景から追浜車庫行きのバスに乗るとの結果。しかし乗ったバスは追浜駅止まり。強制的に追浜駅で時間が出来ました。

2A57F264-8B19-464E-BEFA-4774F18F57DA

しかし駅前にはなんと目にしただけでも4軒もの立ち飲み屋が。1日でそんなには巡れません。

6E075CEE-F6A3-4EF3-BA43-A01D7C1F42E1

第三海堡のある夏島まで行って気付いたのですが、ここは日産の工場や積出し港があるんですね。下請けの工場も多かろうし、まさに工場労働者の街のようです。

CD82156A-27F1-488C-87CA-100F0379E4B2

バスで追浜駅に着く手前、車窓から非常に気になるバラック群が目に入りました。

6A6BD293-A5E1-4B58-AF21-6D90E28E47C9

このバラック群がみなスナックや居酒屋、一番奥のこの建物なんか立ち飲み屋だと言うではないですか。

23EC6740-8EC6-47FB-921B-BF61E93E17AD

バラック群の裏は京急。快速特急が背後を猛スピードで駆け抜けるような立地。

BA6B7B81-E89A-4B69-957C-EFE89A14E0A1

駅から結構外れですが、焼きそば屋の看板も。とうに閉店しているようですが。

274EE89C-D221-48A2-B173-B0374C87D77A

このような渋いスナック長屋もあります。

09F2853D-B38E-49A7-AF04-86C58EB96B32

裏手を見れば、やはりトタン貼り。

CCD1DA5F-B11B-44E0-AD79-7317FF14FC03

国道沿いのアーケードには角打ちまで有ります。

A601223A-471D-46E1-80AB-DB3CADC3C6CC

もう現役を引退された方々でしょうか、昼間っから呑んでます。素晴らしい。

BD19FF22-CD53-488F-83DF-2513392C81F6

駅前の昭和感満載のショッピングセンター。二階には飲食店街が。

9BAAA31F-8542-4FBE-BC9E-49C1DD5B68F7

非常に分かりづらい入り口ですが、立ち飲み屋です。

91548412-4461-4999-BC92-F877BB1B8419

波平さん。立ち飲みと言いながらも椅子があります。なかなかこっちまで行く機会はないですが、わざわざ足を運んでまた飲みに行きたいと思いました。

神奈川県横須賀市追浜(1)、第三海堡構造物(移築)

東京湾の入り口、浦賀水道には第一から第三まで、人工島による海上砲台が有りました。

697286A6-88DD-4450-9F53-66ABDD2C8F02

追浜駅から海岸へ、京急バスの追浜車庫や日産自動車の工場などが建つ夏島地区の公園に、その砲台が保存されています。

85E6ECEA-249B-421B-91CE-3C4124B95DD4

明治時代、観音崎砲台に西洋式砲台を設置した事を皮切りに東京湾入り口の要塞化が進められました。もちろん黒船以降他国の艦隊が東京湾に攻め入るような事は無く、砲台が火を吹く事も無かったのですが。

67AEF4B8-B742-43EB-808F-F83C02AB51C2

富津岬側から第一海堡(かいほう)が明治14年着工し明治23年竣工、第二海堡が明治22年着工し25年後の大正3年竣工、この第三海堡は明治25年着工したのですが、水深の深さや潮の速さなどから難工事が続き、完成したのは29年経った大正10年。しかし竣工から2年後の大正12年、関東大震災で甚大な被害を受けます。折しも大砲の技術は進歩し、浦賀水道を通る船舶に対し充分陸地の砲台からでも射程内に入るようになった事で必要性が無くなり、そのまま復旧せずに除籍となりました。

69A8D011-6778-44D7-832D-18126C413B4E

ちなみに現在でも洋上に残る第二海堡へは、クラブツーリズムにて定期的に上陸ツアーが催されているので、コロナ騒動が収まり再開された折には、参加してみたいと思います。

C0D3E48A-873F-4B21-B237-30BD601F7B0B

結果無用の長物となり、終戦後もただ邪魔なだけの存在となってしまい、平成12年から同19年にかけて撤去工事が行われました。しかし近代土木技術の貴重な資料として保存される事が決まり、この横須賀市追浜の夏島都市緑地に移築され、日本遺産の構成文化財、さらに神奈川県の重要文化財に指定されました。それにしてもこんな巨大なコンクリートの塊をよく運んで来れたなと思います。

D833758F-E5F9-4CB9-9291-5F939A971FA1

夏島都市緑地の手前右側に小高い丘があります。その山頂にあるコンクリート遺構は砲台跡の一部と言われます。この砲台についての詳細は不明。

5677E2C0-0089-4449-8118-3AEA7B085B52

山頂へ続く道の途中に不自然な穴が。この貝山の地下には地下壕が張り巡らされているらしく、この穴は空気穴か何かでしょうか。地下壕の入り口は崖の斜面や藪の中にあるらしく、確認することは出来ませんでした。

F9CA2370-742C-4E31-B25C-5C2EA47EF7EA

麓の貝山緑地入り口には予科練誕生の地の石碑が。海軍横須賀航空隊の飛行訓練を行う予科練習部が昭和5年、ここに設立されたそうです。予科練は昭和14年、手狭になった事を理由に以前訪れた土浦航空隊へと移転されて行きます。

【日記】外出自粛につき昔の写真などを

連休が暇なので押入れをひっくり返し、昔の写真をいくつか引っ張り出しました。探せばもっと色々出て来そうですが、いちばん自由に旅をしていたのはやはり専門学校生時代。高卒で上京し最も時間を自由に使えた1988〜1989年頃。折しも国鉄分割民営化の時代です。

IMG_2071_Original

真冬の津軽鉄道へストーブ列車を撮りに行きました。

IMG_2086_Original

もう30年以上も前。当時は自宅アパートを暗室にしてモノクロの現像からプリントまでやってました。

IMG_2084_Original

日本海側の冬は雪が真横から打ち付けると、この時初めて知り衝撃的だったのを覚えています。

IMG_2090_Original

恐らくは五所川原駅かと思われますが、もはや記憶も曖昧。

IMG_2049_Original


D1B11098-4146-48F9-8BDF-AA1FB05F1411

キハ22やナハフ1200など今では超貴重な車両たちも写り込んでいますが、なんでちゃんと撮って無かったかなぁ。

IMG_2080_Original

津軽鉄道のストーブ列車は現在でも現役で走り続けていますが、利用客の服装や雰囲気なんかは昭和の匂いがします。

5C90F460-4E7C-4CE0-9890-B4178046DADD

この頃は本気でジャーナリスト目指してたなぁ。

IMG_2083_Original

当時まだ19歳かそこいら。若かった。

IMG_2087_Original

津軽弁がほぼ外国語だったのもこの時初めて知った。

IMG_2070_Original

久々に訪れてみたいです。相変わらず何もないでしょうが。

IMG_2046_Original

こちらは下北半島、1994年に廃止となった日鉄鉱業尻屋崎専用線。鉱山から港まで石灰石を運んでました。鉄チャンとしてもセレクトが渋い。廃止寸前の物を記録として残しておきたいと言う気持ちが強かった。

IMG_2010_Original

こちらは南部縦貫鉄道のレールバス。

IMG_2008_Original

1997年に営業休止、2002年正式に廃止となりました。

IMG_2003_Original

野辺地駅。今では防雪林が残るのみで、ホームは跡形も無くなっています。

IMG_2009_Original

このバスみたいな運転席。タブレットも健在でした。

IMG_2002_Original

乗客は自分以外、地元の方が1人。この頃からもはや赤字ローカル線でした。

IMG_2005_Original

終点の七戸駅。廃止後、保存会によって七戸駅跡にて動態保存されているとか。

IMG_2006_Original

沿線には牧場ぐらいしか無かった覚えが。この何も無さが好きでした。

IMG_2073_Original

ここは廃線跡巡りでまた訪れてみたいです。

IMG_2068_Original

最後に岩手開発鉄道。

IMG_2092_Original

現在でも貨物専用線として運行されていますが、1992年に旅客運行が廃止。

IMG_2094_Original

この頃は日頃市小学校及び中学校への通学で利用されていましたが、少子化の波で廃止となったのでしょう。

IMG_2015_Original

訪れた当時、小学校の社会科見学でしょうか、日頃市の駅員さんが子供たちに何か説明していました。

IMG_2014_Original

この子供たちもどれだけ地元に残り、どれだけ上京してしまったか。

1FBC8C42-6A53-4E4C-BADE-E12672D6A4A6

鉱山は大船渡市の内陸部なので津波の被害こそ有りませんでしたが、石灰石を積み出す大船渡港周辺の線路は甚大な被害に遭われました。現在では線路も復旧し専用線として運行されていますが、震災後の人口減少も相当進んでいる事でしょう。

今回は岩手青森の写真をデジタル化しましたが、押入れを探せばまだまだ古い写真が出て来ると思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ