※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

【日記】東池袋の角打ち笹屋が閉店

ちょうど一年ほど前に日記で軽く紹介した池袋駅東口北側、東池袋一丁目の角打ち「笹屋」さん。

IMG_20160520_181543951

当時まだ角打ちに飛び込みで入ることに二の足を踏んでおり、そのうち入って見ようなんて思っておりました。

IMG_0240

そんな呑気な事を言っていたら、なんと無くなっているではありませんか!
ショックです。昭和の名残りは加速的に消えて行っていると実感しました。

IMG_0242

ヤケになって斜め向かいのチェーン店系居酒屋で唐揚げとビール。チキショー美味いじゃねぇか。
値段はそれなりですが、缶ビールと柿ピーで安く済ますなんていう貧民の飲み方なんて今どき無くなりつつあるってことです。

余談ですが、先週末の金曜日、新橋駅前ビル一号館地下飲食店街の南さんでベロ酔いした際、ママさんに手拭い貰いました。

IMG_0238

普段から頭に手拭いを巻いており手拭いコレクターでもあるのですが、なんと三社祭の町内会限定手拭い。これは貴重です。いつか浅草方面で自慢してやろう。

さらに余談ですが、ゴールデンウィーク中に訪れた西武秩父駅前の日帰り入浴施設「祭の湯」が今月19日、規定値を越えるレジオネラ菌が検出されたため一時休業となったそうです。ゴールデンウィーク前にオープンして一カ月も経たない内での休業。まったく何やってるんでしょうね。

港区新橋(2)、汐留口の新橋駅前ビル地下飲食店街

新橋駅の東口に当たる汐留口は、ゆりかもめ新橋駅の向こうに汐留高層ビル群が聳えます。しかし駅前だけは再開発から取り残されたように、新橋駅前ビルが横たわっています。

IMG_0125

1966年竣工のこのビルは左手に一号館、右手は二号館となっております。確か20年近く前でしょうか、チャットのオフ会で一号館屋上にある汐留ビアガーデンに行った事があります。当時、トップレスビアガーデンとして昭和のお父さん方に人気で、ポリネシアンダンスショーの後トップレスのロシア人ウェイトレスさん達が各テーブルでチップをせがみ、1000円払えば顔を埋めさせてくれるという、今考えればとんでもない店でした。いかにも昭和な雰囲気ですが、残念ながら数年前に閉店したとの事。

IMG_0191

都営浅草線からJRに乗り換えようと階段を昇れば、右手に新橋駅前ビル一号館地下飲食店街があります。中のお店は基本土日休みで、特に日曜などはビル自体がシャッターを下ろしてしまいます。

IMG_0213

初心者はまずここから。入り口脇の立ち飲み「吟」は比較的入りやすい店です。向かいの「へそ」は新橋を中心とした小規模チェーン店なので、とりあえず吟に入店。

44E92ACF-1D31-484C-A446-E77DA00521B6

飲み物とともにレジ前の小皿料理をチョイスして前払いというシステム。アサヒ黒生380円、割り物300円前後、小皿料理基本的には300円。日本酒も浦霞や天狗舞を始め色々選べます。

C9B8D0B5-8667-46D8-899A-EB8C9CFA9164

カツオのタタキは脂が乗っており、チンした青海苔豆腐で落ち着く。食い物が美味いので、まず一軒目に立ち寄るって感じでしょうか。またその入り易さからもまさに「入り口」とも言えます。

IMG_0164

一号館のメインストリート。今どきたいした導線にもなっていない飲食店街で、シャッター下ろしている店も少なく、これだけ賑わっているところも珍しいです。

IMG_0162

もちろん飲み屋さんだけではありません。喫茶店もあればレストランや寿司屋も、さらに金券ショップまで。

IMG_0219

その中のラーメン屋さんは普通に老舗の貫禄。飲んだ後のシメに寄りたい。

IMG_0216

ラーメン屋さんの脇を入って行くと、静かで狭い裏路地が。これがビルの地下街だってのが驚き。

IMG_0232

路地を抜け大通りに戻るところの両脇に「南」一号店と二号店があります。どちらも5〜6人しか座れないカウンターと、大通りにはみ出して置かれたテーブル席のみの小さなお店。

IMG_0230

二号店のカウンターから一号店を見たところ。おつまみやドリンクのほとんどは一号店で作られます。また、平日のランチタイムは500円のカレーを出されております。

IMG_0228

雰囲気的にもメニュー的にもバーと言った感じ。洋酒系メニューが豊富なのですが、個人的なおすすめはコーヒーハイ。金宮焼酎にコーヒー豆を一カ月ほど漬け込むという意外な発想で作られており、これがまた美味くてハマります。

IMG_0177

「南」の反対側にも裏路地があります。ふと覗いて見ればなんと流しが!今でも頑張ってらっしゃる流しの人は年々数が減っており、もはや絶滅寸前です。

IMG_0176

路地は「コの字」になっており元の大通りに戻って来ます。その途中にある立ち飲み屋「圭」さん。ちなみに左手に写っているロッカーのような物は「南」のような狭い店に貸し出されている倉庫のような物。

IMG_0168

さて「圭」さん。路地の両側にカウンターがあり一方に厨房、もう一方はカウンターのみ。

IMG_0173

生450円、割り物350円前後。新橋は築地が近いので海産物はどの店も新鮮。

IMG_0181

一号館に続き二号館地下を散策して行きます。都営地下鉄浅草線からJRへ乗り換える階段を昇り今度は左手。こちらは二号館地下飲食店街となります。

IMG_0182

二号館は一号館と比べて非常に狭く、路地裏しかないような雰囲気で、人通りも少なくひっそりとしています。

IMG_0183

路地は「中の字」と言いましょうか、ぐるりと一周出来る通りと真ん中を真っ直ぐ突っ切る通りがあります。その一番奥に店を出す立ち飲み屋「こひなた」。

IMG_0188

生390円、割り物260円〜、おつまみは一部を除いて200円。
串焼きや刺身などは無く簡単な惣菜系のみ。ご高齢のママさんと、インド人らしき姉さん二人、合計三人で切り盛りされてます。

IMG_0175

一号館二号館ともに気になる店はまだまだ沢山ありますが、引き続き開拓したらこの記事に加筆して行きます。ちなみに地上一階のも立ち飲み屋が数軒あったりして、なんともキリが無いです。

【日記】御徒町の銭湯から昼飲み歩き

先日土曜日、仕事の関係で神田小川町にある病院へ健康診断に、仕事の先輩と二人で行ってまいりました。毎年恒例なのですが、健康診断が終わった後は昼間から飲む!と、決めています。

IMG_0193

御徒町に朝から開いてる銭湯があると聞き、歩いて秋葉原を抜けて中央通り。昔ながらの銭湯と聞いて仲御徒町辺りの下町かとばかり思っていたら、なんと中央通りと山手線の間、つまり山手線の内側にその銭湯は有りました。この辺には倉庫や事務所、町工場ぐらいしかないとばかり思っていた。

IMG_0197

燕湯という、どうやら銭湯ファンの間では有名な銭湯で、指定有形文化財にもなっている貴重な銭湯建築です。玄関先に「わ板」が下げられていますが、この「わ板」(営業中)「ぬ板」(閉店中)は江戸文化からの物ではなく、1998年横浜の末広湯においてウエハラヨシハル氏が考案したものと、本人による説明書きがありました。知らなかった。

IMG_0208

番台があり、中も見事な木造建築。浴場には去年塗り替えられた富士山の銭湯画。25箇所のカランに15人という盛況ぶりでした。ここは朝6時から営業されており、地元の下町っ子たちが朝風呂を楽しむという、お客さんを含めての文化遺産。当然ながら見事なモンモンのお父さんも入られています。これぞ今や減りつつある東京の銭湯。

IMG_0207

サッパリしたところでアメ横に向かいます。御徒町駅の東側に抜けたところで角打ちの「槇島酒店」が無くなっている事に気付く。都心の貴重な角打ちだったのに残念です。アメ横を抜けて超有名店の大統領へ。なんとガード下の旧店舗が解体工事されており、表の広い新店舗のみ営業中。観光地化されて以来しばらく遠のいていましたが、すっかり変わってしまいました。ていうか、旧店舗の写真撮ってないじゃない!

AB2C86FF-96D3-4863-BD97-1876298CF7B7

ここで風呂上がりのビール。しかも午前中。なんて贅沢! 浅草とかも考えましたが折しも三社祭の真っ最中。そんな人混みに行きたくはない。
二杯飲んだところで上野コリアタウンに移動。行きつけの「馬山閣」で盛り合わせ一人前3500円をシェアしマッコリで酔う。

IMG_0200

最後は山手線と東急目黒線を乗り継いで武蔵小山まで足を伸ばして、源泉掛け流しの「清水湯」に行きました。今回2回目の訪問。休憩所の畳ベンチで生ビール。
なんかもう、すっかり夏って感じですね。


港区新橋(1)、烏森口で立ち飲み屋巡り

新橋は繁華街の広さ、奥深さから、逆に手を出してませんでした。飲み屋さんが多すぎて逆にどこ入っていいかわからないという。しかし立ち飲み屋で検索したら鬼のように出て来たので、開拓せねばなるまいと。

IMG_0129

ガード下は老舗が姿を消し、以降チェーン店系が入れ替わり立ち代わり。また、烏森口周辺は飲み屋に紛れて風俗店も多く、混沌としています。

IMG_0135

新橋で働く中小企業のサラリーマンたちで賑わう街故に、土日祝日は死んだように静まり返ってました。しかし今ではビックサイトのイベント帰り、あるいはお台場帰りの人々が、ゆりかもめから乗り換えがてら新橋で飲んで四散すると言う流れが出来上がっています。そのため馬力、魚金、やきとんまくちゃんなどの食べログ有名店は大賑わい。あぶれた客目当てにチェーン店系居酒屋も頑張って客引き。

IMG_0051

一軒目は「ゑびす座烏森本館」さん。本館と言いつつ別館や支店は無さそうです。そこそこの広さもあり、結構落ち着けるお店。

20170419_181111708

鶏皮煮込みが激ウマで溶ける!歯が要りません。ほぼ飲み物。(笑) この煮込み目的でまた行きたくなっちゃいます。

IMG_0105

飲み屋街のちょっと奥にひっそりと佇む「立ち呑み屋新橋店」さん。これが正式な屋号なのかと思いましたが、とりあえず看板とレシートには「立ち呑み屋」としか書かれていません。それでも20年続いている店だそうです。

IMG_0107

まずお通しとして生野菜(ほぼキャベツ)を勝手に皿に盛ります。取り放題ですが170円しっかり取られます。生中は大きめのジョッキで540円。この時点で既に710円で高っ!と思いましたが、割り物は280円で鬼濃いい。いや、超絶濃いいし、おつまみは基本280円以下。

IMG_0130

しかし土日祝日もやっているのがありがたいところで、サラリーマンよりも場外馬券場、車券場帰りのお父さんたちに愛されてるのかも知れません。そして何より有線なのか、店内に流れる忘れ掛けてた昭和ソングに笑いをこらえてしまいます。

IMG_0148

こちらは公園手前の通りにある立ち飲み「大友」さん。寡黙な大将と女将さんで切り盛りされている小ぢんまりしたお店です。

20170509_174014810

ドリンク350円均一(生含む)、つまみ300円均一(串は三本)で税別。一軒目で腹ごしらえするには、ありがたい安さ。写真のマグロブツも超脂乗ってて美味いです。

IMG_0149

駅寄りにあるこちらは立ち飲み「あじろ」さん。店内はそこそこ広いのですが、三人で回しているので非常に忙しない。また焼酎は三杯までなどのルールもあり、ちょっと落ち着かないです。また、店員さんも常連さんも競馬好きの模様。

20170509_182125337

ビールは生無しで大瓶のみ500円。割り物300前後で煮込み200円。おつまみは平均250円ぐらいでとても安いです。串は一本80円ですが、串物を塩で頼むと塩っ気が多くて飲み過ぎちゃいます。

IMG_0158

飲み屋街の一番奥の方に入った路地裏にある立ち飲み屋「touch know me」本店さん。開店二年目の小さなお店ですが常連さん方で賑わっています。

20170510_182540704

生450円割り物系350円(ハッピーアワーで7時まではドリンクオール250円)、串は焼き鳥170円、焼きとん120円。お通して枝豆が出されましたが、新橋の立ち飲みは基本的にお通し出るのが普通なのかもしれません。老舗やチェーン店系に比べると割高ですが味は確かです。雰囲気は個人的に一番好きかも知れません。いわゆるセンベロと言われる安い店もいいですが、味と居心地の良さで飲む事を考えれば後者の方がいいように思います。そしてここの店長はなぜかユーチューバー。(謎)

IMG_0156

こちらは線路寄りにある半立ち飲み(座れるテーブル席もあり)の酒蔵かっぱさん。まだ未入店です。

まだまだたくさんの立ち飲み屋がありますが、また新たに開拓したら加筆して行きます。

【日記】埼玉県秩父、小鹿野地方攻略その1

公共交通機関を利用し日帰りの旅をすると、周れる目的地がかなり絞られてしまいます。なので、何度か訪れて記事にしようと思います。そんな訳で下書き的な意味での日記です。
去年の12月は浦山地区の廃村群を巡りましたが、あそこのように見事な廃村が集中している場所って滅多に無いようで、と言うか、廃屋が解体されずにあれだけの数が残っている事自体奇跡に近いようです。過疎化、高齢化に伴い秩父の山には他にも多くの廃村が存在しているだろうという想像もしつつ、小鹿野地方の山村を巡って行きます。

IMG_0139

まずは西武秩父駅へ。スタートが遅れてバスに乗れなかったため、とりあえずGW直前にオープンしたばかりの日帰り入浴施設、祭の湯に浸かって策を練ります。こちらは駅直結の施設で地下2000mから汲み上げたナトリウム塩化物冷鉱泉を加水加温、循環濾過して提供されています。内湯、露天、共に広い浴槽がいくつも有りますが天然温泉は露天にひとつだけ。後は薬湯という名の入浴剤浴槽や、人工炭酸泉などでお茶を濁してます。唯一の温泉もあまり特徴を感じられないものですが、まぁ600円で駅直結で汗を流せるなら、と言ったところ。
しかし隣接するフードコートはGWの人出の多さに対応しきれておらず、名物の草鞋カツは開店1時間で売り切れ。他の店も午前中なのに40分近く待たされるという体たらくぶり。

※祭の湯はオープンして26日目にあたる2017年5月19日、規定値を上回るレジオネラ菌が検出されたため、営業を一時休止しております。

IMG_2476

西武秩父駅から西武バスで小鹿野町へ。小鹿野からは町営バスを乗り継いで白井差口行きに乗り、途中の大谷橋で下車。小森川沿いの街道筋に伸びる大谷集落を散策。

IMG_2478

早速第一廃屋発見。いや、そうじゃない。廃屋探しに来た訳じゃないのに、なんか変な癖がついてしまっている。

IMG_2481

トイレはやはり別棟のようです。

IMG_2479

山道の途中から集落のあちこちに至るまで、多くの道祖神や祠などを見かけます。左端は馬頭観音。

IMG_2477

過疎化高齢化で寂れた限界集落を期待なんて言ったら不謹慎極まりないのですが、結構人が暮らしているようです。春風にそよぐ洗濯物。

IMG_2487

今回の目的地はここ、両神小学校大谷分校跡。斜面を少し登って俯瞰で撮ったのですが、背後には荒れた墓地が。墓石が倒れてたり石仏の首が無かったり、そう、荒れていたのです。

IMG_2488

昭和46年廃校。以後、林間学校として利用されており、校庭にはバーベキュー施設も完備されております。玄関前には真新しい靴なども置かれており、今でもちゃんと管理されている様子。

IMG_2490

裏手、つまり県道側に回ると、実は二階建てであったのだと分かります。

IMG_2489

隣にある民家は空き家になったのか、解体工事が進んでいました。

IMG_2495

県道に降りる手前に小さな祠。しかし中の木彫の仏像は無造作に立て掛けられている。なんか荒れてます。

IMG_2497

廃屋を見ると、ついつい撮ってしまいます。

IMG_0143

大谷集落を出て川沿いに歩いて行くと、双龍の巌という切り立った岩山が。室町時代からの伝説が残ることから、この谷には古くから人が住んでいたのだと分かります。

IMG_2501

やがて数軒の民家が残る堂上集落に。使われなくなった火の見櫓の周囲は平坦な草地が広がっております。かつてはもっと多くの民家があったのではないかと想像できます。

IMG_0146

拓けた里まで下りて来ると、小鹿野町市街地の外れに当たる薬師の湯という道の駅に出ました。ここからは西武秩父と三峰口、小鹿野町、それぞれに出るバスが出ています。
最後にこの薬師の湯でひとっ風呂。内風呂のみですが、そこそこ広い浴槽。24度の単純温泉を加温、循環濾過して使用しています。あまり特徴の感じられない浴感ですが、湯上りはさっぱりスベスベで気持ちのいいお湯でした。

また何度か小鹿野町方面には訪れますが、そのうち小鹿野町や秩父の市街地をレンタルサイクルで巡って見たいとも思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ