※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】川崎市で立ち飲み屋探し

最近は仕事で武蔵小杉や川崎方面に通ってます。
川崎市武蔵小杉(1)、再開発の進む企業城下町
川崎市武蔵小杉(2)、再開発前の小杉町3丁目東地区

IMG_8782

武蔵小杉の再開発はいよいよ大詰め、高層マンションも最後の一本となりました。2019年の台風では下水道が合流式だったために処理能力を超えて下水が氾濫、電気や水道が使え無くなるという被害が発生し街は泥水に浸かりました。ネットで散々騒がれてましたが、要は成り上がりのなんちゃってセレブをバカにしてた訳で、今の時代どこから差別が生まれるか分かったもんじゃない。頑張って分譲マンション買ったんだからいいじゃないとも思うのですが、問題は通勤行列のできる駅のキャパシティや工業地帯だった土地の土壌問題、想定外の雨量に対応しきれなかった下水道の問題などを抱えながらの乱開発。行政やデベロッパーの無責任さに問題がある訳で、去年の台風被害は半ば人災だったという側面もあるんでしょうね。

IMG_8783

などということは置いといて、ともかく仕事終わりの生ビール。南武線武蔵小杉駅北口西側、南側に抜けるガードの両脇に立ち飲み屋が有ります。右手のたまいやさんは以前飲んだので今回は左手の一心さん。

IMG_8784

一杯目は生と煮込みのセット600円。二杯目はハイボール150円と納豆とうふ350円。安いし美味いので、何度か通ってます。

もう一か所の勤め先は川崎駅。昼間の街撮りでは何かと縁がある川崎ですが、実のところ夜に飲んだ事がない。

IMG_8871

JR川崎駅東口、京急の手前で北側に少し歩いた所にある立ち飲み屋「フルミチ」さんに立ち寄りました。左手の「元祖立ち飲み屋」さんと同じ店です。

IMG_8873

土曜日でしたが大盛況で、店員さんも活気が有って良い店。日本酒に拘ってるようですが、まず煮込みが美味いから間違い無いです。

IMG_0748

同じく東口。京急を越えて右斜め前に建っていた百貨店さいか屋は2015年5月に閉店し、すっかり再開発されてしまいました。毎度の事ながら消える前に記録しておくべきだったと後悔。

IMG_0744

そんな川崎に似つかないオシャレタウンの裏手には川崎本来の街並みが残っているのでづが、その中の一軒「ぶったち」さんに突入しました。立ち飲みというので入ってみれば、テーブルにもカウンターにも椅子が用意されています。フィリピン人の女将さんに促されて店の一番奥、二人掛けのカウンターに座りました。
お客さんは全員地元の顔馴染みでたまにフィリピン人の奥さん。なんか武蔵新城のスナックみたいな空気感でアウェイ感がハンパない!
二杯くらい飲んでアルコール少し回ったところで、勇気を出して隣の先輩に声を掛ければ意気投合。なんだかんだで結局、すっかり楽しく飲めました。ギャンブルと女の話で盛り上がる辺り、川崎っぽくていい。また来ようと思いました。

2/6追記

IMG_0754

すっかり再開発されている西口にも立ち飲み屋は有りました。と、思ったら全席椅子完備。川崎の人は立たないのかな? 立飲亭帆立屋さん。

IMG_0752

生ビール415円(小ジョッキ)、サワー系360円、刺身系390円、揚げ物焼き物360円、小鉢系300円。西口は東口に比べてずいぶん閑散としてますが、飲食店も少ないせいかあまり安くはないです。

【日記】神田、今川小路の記憶

IMG_0342

1枚目2015年1月撮影。
神田駅と東京駅の間辺りにあった今川小路。

IMG_2613

2枚目2018年6月撮影。
飲みに行くのを暫く先送りにしたままでした。いざ店に入ってみようと思ったら2017年9月、耐震補強工事に伴い全滅。時既に遅し。

IMG_8718

3枚目2020年1月撮影。
神田駅近くのガード下に移転された「まり世」さん。1枚目の写真で「神田(じんた)」さんの看板の奥に同じ看板が確認出来ます。
店の名前は神田小路の常連さん方から耳にしており、今はなき今川小路にあったお店だと聞いていました。神田小路で飲んでる方々の中にはかつて今川小路の常連さんだった方も多くいます。
かつて行き損ねてしまった苦い思い出のリベンジ。移転先はGoogleで調べ、いざイチゲン突入。なかなかの入りづらさです。
緊張しつつも敢えてどこどこの常連ですとは言わなかったのですが、常連さんやママさんは気さくな方々で楽しい時間を過ごせました。今後もちょくちょく通って顔馴染みになれればと思います。

IMG_8775

後日、新橋で飲んだ後いつも通っているカラオケ居酒屋に行ったところ満席。そこで神田のまり世さんで聞いた、今川小路もいう一軒の生き残りの神田(じんた)さんがカラオケ歌えるとの話を思い出し、思い切って神田へ。

IMG_8774

イチゲンサンで突入です。ドキドキしながらドアを開けたところ店内には5人の先客が。
……ん? 全員知ってる顏!wwww
ああ、この方々は三軒目にここなのね。そうですか。そう言う事でしたか。

栃木県足利市(3)、狭すぎる路地裏スナック街跡

続きです。中央通りを西に進み、スーパーフレッセイの裏手辺り。一見住宅街に見えますが、一歩路地に入ればスナックなどが多く点在しています。

IMG_3045

とりあえずグルグル周ってみました。全ての路地を網羅した訳ではありませんが、時間の許す限り歩いていきます。

IMG_3057

先に進みます。路地の狭さが半端ないです。そんな狭い路地にスナックの入り口。隠れ家にもほどがある。

IMG_3066

廃業して相当の時が経っているのか、解体され更地や駐車場になってしまった場所ばかりではなく、このような廃墟も残されております。

IMG_3065

廃墟はスナックだけでなく板張りの木造住宅も。

IMG_3063

お茶漬け屋さん。シメでサラサラ行きたい所ですが、営業しているかどうかは夜になってみないと分かりません。

IMG_3064

その左手前にはこんな看板が。そう、ここは住宅街ではなく盛り場だったのです。

IMG_3048

一帯の一番奥は山。駅からだと北西の方角になりますが、市街地の端にあたります。左側のスナックはGoogle Mapで確認したところ営業している様子。

IMG_3050

その脇を入って見れば小料理屋のような佇まい。ただそこまでのアプローチに違和感しかない。

IMG_3049

新しくても戦後間も無く。戦前建築は余程しっかりした建物でない限り倒壊していると想像します。

IMG_3051

奥に見えたスナックの看板の所まで歩き振り返る。路地は狭くて未舗装なのが基本のようです。

IMG_3046

もちろん車道沿いにもスナックが。手前はすっかり解体されて駐車場に。

IMG_3053

再び路地へ。かつては相当な件数の飲食店がひしめき合い、さぞかし賑やかだったのでしょう。

IMG_3072

民家と民家の間、裏庭に抜けるひとんちの敷地としか思えない隙間の奥にもスナックの跡が。

IMG_3061

少し暗くなって来ました。いきなり見事な木造建築。欄干も無く代わりにノコギリ屋根がある事から織物工場の跡かと思われます。その向かいにもスナックの跡があります。

IMG_3071

やっと灯りがともり始めた。と思ったら美容室でした。髪結いなどもやっていたのでしょうか。

IMG_3059

現役の銭湯。以前は工場も多かったそうで、労働者たちが仕事の汗を洗い流し夜の街へと消えて行った事でしょう。足利市駅近くの居酒屋のママさんも、すっかり働き口が減ってしまい、都内まで通勤するか、都内や隣の太田市に引っ越したりして、すっかり寂れてしまったと話してくれました。スバルの企業城下町である太田市と比べてしまうと、ここ足利市にはスパイス工場ぐらいしか残ってないんじゃないでしょうか。
機会が有れば泊まりがけで再び訪れたいですね。銭湯に浸かって生き残ってるスナックを探し、飲みながら賑やかだった昔の話でも聞きたいです。

栃木県足利市(2)、気になる路地と映画館跡

これまで栃木県栃木市、佐野市、群馬県太田市、桐生市と、関東平野北東部の都市を巡って来ましたが、今回は足利市です。

IMG_2974

JR足利駅の前にはEF60が雨晒しで保存されています。この機関車は1964年9月26日完成で米原や岡山など、主に関西方面の貨物列車牽引で活躍していました。なにげに鉄道の歴史の中では名機と言えます。

IMG_3077

渡良瀬川を挟んで南に東武伊勢崎線の足利市駅、北にJR足利駅がありますが、中心街は北側。東武足利市駅とその中心街を結ぶ昭和11年開通の中橋は見事なアーチ橋です。

IMG_3019

市街地を東西に貫く中央通りは交通量も多く、観光名所の足利学校などもあり栄えています。

IMG_3020

歴史の教科書にも載っている足利学校もスルーすれば、鑁阿寺(ばんなじ)も遠目に眺めてスルー。

IMG_3017

むしろその向かい側にある敗退的な光景に胸をときめかす。はい、変態です。

IMG_3021

東武足利市駅から鹿島園方面に向かうバスの車窓から発見した怪しい路地に向かいます。時刻は既に三時半過ぎ。これから急ぎ足で探索を始めます。

IMG_3022

なんだここは。と、つい口に出してしまった。

IMG_3024

振り返ってみました。赤線跡でしょうか、普通に貴重な木造建築がもんじゃ屋さんに使われています。

IMG_3028

今回の目的地の一つ、廃業映画館。足利東映プラザ映画館です。入り口のアーチが素晴らしい。

IMG_3032

1999年閉館。その後イベントや映画のロケ地などで利用されており、完全な廃墟とは言えません。

IMG_3036

併設されている建物には飲食店がいくつか入っていたようですが、見たところ現在では一軒も営業していない様子でした。

IMG_3030

料亭っぽい建物もちらほら。三業地の名残りかこの雪輪町界隈はかつて遊郭があったそうです。

IMG_3039

当時の建物かの判断は難しいのですが、花街であったのは確かです。
続きます。

栃木県足利市(1)、足利鹿島園温泉

足利市の郊外、北東の山沿いに寂れた日帰り入浴施設、足利鹿島園があります。

IMG_2976

東武伊勢崎線足利市駅より一日6本しか走ってないバスに乗り、20分ほど揺られて降りたバス停は郊外の団地。北関東は工場などが多いので工場労働者のために造られたのでしょうか。

IMG_2977

そんな郊外の住宅街を歩いてゆくと、廃墟感のある看板が見えてきます。

IMG_2985

平地を抜けた溜め池に鹿島園のゴルフ練習場があります。温泉の「泉」の字がひっくり返っているのは去年の台風のせいでしょうか。

IMG_2989

東武足利市駅から6.6キロ、JR足利駅からでも5.4キロ。1日6本のバスで行くバス停からも徒歩17分。車で訪れる以外の選択肢が絶望的です。

IMG_2990

施設は温泉を中心にゴルフ打ちっぱなし練習場、宿泊施設、ダンスホール、老人ホームなどがあります。

IMG_2994

内部は広い割りに閑散としており、節電のためか所々蛍光灯が消されています。受け付け、ホール、料理担当、アンマさん、見掛けたスタッフは4名。お客さんは10人程度でしょうか。

IMG_8722

広い大浴場。ボディーソープとシャンプー完備。サウナと水風呂も有り。お湯は源泉100%で源泉投入しながらの循環ろ過。源泉温度は40度ありますが、温度を保つための加温有り。そして塩素消毒有りです。お湯はクセの感じられない単純温泉ですが多少のヌメリ感もあり、源泉100%を全面に出しているだけに悪くないです。ただし天井は鉄筋コンクリート剥き出し。

IMG_2993

兎にも角にもその昭和感と寂れ感にやられます。

IMG_2996

展望風呂もあるとの事で2階へ。一旦屋上に出るようです。2階には宴会場やカラオケ、卓球台などがあり、地元のお年寄りたちが楽しんでいました。

IMG_3007

露天風呂を勝手に想像してしまった私が悪いのです。

IMG_2998

少しだけ開けられた曇りガラスの隙間から周囲の山肌が少し見えます。この施設の寂れ感にやられ続けていると、だんだんお湯が極上の物に思えてくるから不思議です。

IMG_3001

天井も剥がれかけています。

IMG_3002

否、実際に剥がれています。

IMG_3006

奥の扉の向こうは露天風呂ではなく涼む場所。その向こうは打ちっぱなし練習場。椅子が一脚打ち捨てられたかのように、ビールケースとともに置かれています。

IMG_3004

打つ場所もあったようなので、かつてはお風呂と打ちっぱなしが繋がってたのかも知れません。フルチンでナイスショット!

IMG_3009

湯上りはいかにも健康ランドっぽい休憩所で寛ぎます。

IMG_3011

生ビールとラーメン。なんかもう素晴らしいです。車で来ている人は飲めないよなぁ。ていうかほぼ車でしか来れないじゃん!
誰にも共感されないかも知れませんが、この昭和感満載で寂れきった場末の温泉健康ランドは、個人的に大満足しました。
来て良かった!
潰れる前に来れて良かった!(閉館前提にすんな)
まぁ老人ホームとゴルフ練習場でどうにかやってるんだと思いますが、これだけの施設を維持するのは大変なんだろうなと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ