※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

世田谷区、杉並区、代田橋駅〜沖縄タウン

京王線代田橋駅があるのは世田谷区大原で、50mほど北を並行する甲州街道の向こう側は杉並区和泉になります。

IMG_4950

新宿に近いながらも各駅停車しか止まらない代田橋は、家賃相場的にも穴場で学生時代は同級生もアパートを借りていました。

IMG_4946

しかし駅前にはいきなり長屋造りの昭和なマーケットがあります。

IMG_4945

昭和24年頃に建ったと言うので闇市が発祥なのかも知れません。そんな長屋の一角に、昭和60年創業おでんと焼き鳥の店「きんせい」があります。

IMG_4967

吉田類氏が来ていたそうですが、そんな事は関係無く通いたい店がまた増えてしまいました。地元の常連さん方が集まる、私の好きな雰囲気のお店。新宿渋谷方面の仕事がある時は、わざわざ京王線に乗ってしまおうかしらなんて。(お客さんの顔は撮らないからと言いながら撮影許可いただきました)

IMG_4944

住みたい。引っ越して来たい街です。来年(令和2年)飲食店全面禁煙、ただし個人経営店には情状酌量の余地有りと言うじゃないですか。チェーン店居酒屋ぐらいしか無い川口から、個人経営のいい店がある街に引っ越さなければなりません。代田橋は候補地のひとつと言っていい。

IMG_4940

甲州街道を越えると杉並区和泉。商店街は沖縄出身者が多いということで沖縄タウンになります。町おこしのために、沖縄から空き店舗に誘致までしたそうです。

IMG_4938

沖縄タウンの真ん中左手にL字型をした昭和なマーケット、大都市場があります。北側入り口左手に立ち飲み屋さんがありますが、禁煙なのでスルー。

IMG_4937

光を取り入れるアーケードです。

IMG_4936

早い時間だったのでシャッターが目立ちますが、小売店が閉業した後に主に沖縄系の飲食店などが入っています。

IMG_4932

商店街側入り口脇にある立ち飲み屋「納戸」さん。どちらかと言うとバーのような雰囲気ですが、ここのコーヒー焼酎がとにかく美味い。

IMG_4963

宝焼酎に多めの豆を入れて一日だけ浸ける事により、雑味が無く香り引き立つ仕上がりとなるそうです。マスター曰く金宮よりも宝焼酎の方が癖が少なく合うとか。
新橋や神田でコーヒー焼酎を飲んで来ましたが、下北沢辺りなんかには特にコーヒー焼酎を作ってる店が多いそうです。奥が深い。

千葉県館山市、洲崎第二砲台跡と震洋特攻基地跡

館山航空隊跡から東へ。房総半島の南東端である洲崎方面に行った所に洲崎第二砲台跡があります。

IMG_4846

こちらは砲台へ向かう所の門柱。特に何も刻まれて無いので木の表札でも掛かっていたのでしょう。

IMG_4847

住宅の中にコンクリート造の遺構が。砲弾に火薬を装填する炸薬填実所だそうです。危険なので半地下にしてドーム状で分厚いコンクリートに覆われています。このコンクリートが堅すぎたと言う事で民家はその上に建てられていました。地元の方曰く、ついこの前も写真撮り来てたけど、飛行機の格納庫とか言ってたなぁ。いや、掩体壕はこんなに小さくないし山の中腹だし、そんなわけないでしょうが。

IMG_4849

住宅地の最奥部、この先は人が足を踏み入れてない事が分かります。マジか。ここを行くのか⁉︎

IMG_4851

雑木林の中に、砲台の基部が残っていました。

IMG_4855

この洲崎第二砲台は昭和2年、30センチ榴弾砲4門が完成。しかしその後砲門を満州軍に出したためしばらく砲座は破棄されていました。しかし昭和13年、本土決戦に備えて再開され、12センチ速射カノン砲2門と10センチカノン砲4門があったそうです。ちなみにこれは唯一現存する第四の砲台。

IMG_4860

奥には砲弾などをしまっておく砲側庫があります。

IMG_4862

さらに奥には隧道が。陸軍の迷彩が残っていますが、内部は戦後何かに再利用されたのかコンクリートとタイルで補強されています。また内部には横穴があり弾薬庫としても使われていました。

IMG_4867

砲台のあった坂田海岸から岬一つ手前の波左間海岸。のどかな漁村って感じです。

IMG_2937

しかしここには大戦末期、特攻船「震洋」の基地があったそうです。

IMG_4869

元々ここ波左間海岸には前出の洲崎第二砲台への資材搬入波止場がありました。この階段は当時のものだろうか、いかんせん波の侵食を受けているので、海岸部には当時の遺構は殆ど残っていないと考えた方がいいかも知れない。

IMG_2934

波左間の「震洋」特攻基地跡。干潮時にはもう少し遺構が顔を出すようですが、正午過ぎだったので水没していました。

IMG_4878

付近には数多くの防空壕があります。震洋の訓練施設は長崎と鹿児島にあり、訓練を終えた兵士たちはフィリピン、沖縄諸島、日本本土の太平洋岸各所の基地へと配属されて行きました。

IMG_4879

昭和20年初頭よりフィリピンや沖縄戦線において陸軍の特攻船「マルレ」と共に戦果を挙げて行く中、ここ波左間の震洋基地の建設は昭和20年3月下旬から開始されました。

IMG_4874

このような小さな入り口は燃料や食料などの倉庫だったかも知れません。

IMG_4880

すっかり草に覆われていますが、大きめの防空壕は震洋の格納壕だった可能性があります。

IMG_4585

先週、霞ヶ浦の予科練平和記念館雄翔館に立ち寄った際に撮った震洋の模型。昭和20年7月、第59震洋隊として176名の若き志願兵が完成した波左間基地に配備されましたが、6隻の震洋が基地に到着したのは8月13日になってから。すぐに爆薬を装備し出撃態勢をとっていたなかで敗戦を迎えたそうです。

千葉県館山市、館山海軍航空隊赤山地下壕跡他

アクアラインのお陰で南房総がだいぶ近くなりました。東京から二時間掛からずに行けます。

IMG_4918

昭和5年、館山飛行場が完成すると横須賀海軍航空隊の作戦部隊を移転させ、館山海軍航空隊が設立されました。その跡地は現在、海上自衛隊館山駐屯地として使われています。

IMG_4922

現在自衛隊敷地で入れないのですが、この左手奥に水上機が進水するスリップ(傾斜)が残っています。またそのスリップは敗戦後、アメリカ軍が初上陸した地でもあります。

IMG_4919

軍需部第二航空廠倉庫。昭和7年に航空廠(軍需工場)が併設されています。赤煉瓦が当時の面影を色濃く残しています。

IMG_4900

航空基地の近くに、赤山地下壕跡があります。こちらは一般公開されており、入場料200円。

IMG_4901

太平洋戦争当時は木更津海軍航空隊が設立されていたため、館山海軍航空隊は主に哨戒、偵察任務を主とし、敵潜水艦への攻撃を行っていました。しかし終戦が近づくにつれ、上陸に対する首都防衛が主な任務となって来ます。

IMG_4902

そんな中、この赤山地下壕が造られたのは諸説ありますが、本土爆撃が始まった昭和19年以降と考えられています。

IMG_4904

壁面は丁寧に掘られ、房総半島特有の地層がはっきり見られます。

IMG_4916

内部は非常に広く、司令部を始め発電施設や病院まであったそうです。

IMG_4893

こちらは裏手の入り口。立入禁止ですが、入り口は多く造られています。

IMG_4891

搬入口でしょうか、大きな入り口もあります。

IMG_2949

こちらは赤山地下壕の裏手に残る掩体壕。滑走路は浜辺に造られているため、かなり距離が離れていました。

【日記】神田祭2019

20代の頃、関東を中心に日本の祭りの写真を撮っていました。それなのに神田祭と三社祭は見た事すら無かった。まず仕事としては諸先輩方が良い写真をたくさん撮っていいた事。後は人が多いし最もメジャーであることが理由でした。

IMG_4808

それもあり、今回もまたガチに撮りに行ってはいません。神田ガード下のいつもの店で飲んで、その帰りに近くで撮ったに過ぎません。

IMG_4819

ただこの多町一丁目の町内御輿については、町会会長がよく行く店の常連さんであるという事。そして思い入れのある神田駅ガード下を御輿が通るという、歳時記的な感じで撮りたかった。金曜日の夜、宵宮御輿の出発、いよいよ神田祭りのスタートです。

IMG_2925-1

翌日の土曜、神田小川町の病院に健康診断しに行った帰り、内神田旭町の町内御輿がちょうどよく行く店の前を通っていました。この日もただ昼間から酒飲むばかりで、神田明神の宮入りは撮りに行かない。だって人が多いんだもの!そもそも神田明神に一度も行った事が無いという!
日曜日は二日酔いのため、自宅で寝てました。

茨城県土浦市、土浦駅周辺の町並み

土浦は霞ヶ浦の西端という立地から、水上交通の要衝として栄えて来ました。茨城県内でも水戸と柏の中間辺りにあり、丁度いい感じ。

IMG_4706

西口駅前右手には2004年に閉店となった丸井のビルが。首都近郊都市の駅前風景としては定番ですね。

IMG_4707

西口正面には1997年再開発により完成した、高層マンションを備えた複合施設「ウララ」が聳え建っています。この巨大複合施設には当初イトーヨーカドーが入っていましたが、2013年に撤退。その後土浦市役所が庁舎の老朽化もあり、思い切って駅前に移転して来ました。

IMG_4611

そもそも駅ビルの「ウィング」も2008年に閉館し、その後イオンモールが運営する「ベルチ土浦」が後を引き継ぐも2011年にイオンが撤退。この時すでに駅前空洞化現象が進んでいました。この撤退も2009年、土浦駅から西に3キロ離れた所を走る国道6号線沿いに巨大なイオンモールが完成した事にもよる。

IMG_4672

左手のビルは1998年に閉館した西友の別館。かつては右手に西友本館があり渡り廊下で繋がっていましたが、本館は取り壊されて高層マンションになってます。

IMG_4686

西友跡地の奥には1985年つくば科学万博に合わせてオープンした「モール505」。地上3階建て全長505mの日本最長と言われるショッピングモールです。

IMG_4688

ここは元々川を埋め立てて建てているので曲がりくねっています。並行して走る高架は線路を跨ぎ土浦駅の東西を結ぶ土浦ニューウェイで、同時期に完成しました。

IMG_4678

午前中なのでシャッターはほぼ閉まっていましたが、半分以上が空き店舗のようです。とは言えこの規模の大きさは大したもので、最盛期は相当の賑わいを見せていたのでしょう。

IMG_4677

しかしバブル崩壊やリーマンショック、さらには2005年のつくばエキスプレス開業でお隣のつくば市が発展。その陰で土浦市は衰退して行きました。

IMG_4675

ニューウェイの反対側、つまり元西友側です。かつては西友との相乗効果で一大商店街として栄えていた事でしょう。

IMG_4693

モール505伝いに線路から離れて行った先に、なかなかの昭和建築が残っていました。

IMG_4695

駅前に向かってメインストリート。巨大複合施設が出来る前の駅前はどんな街だったのか気になります。

IMG_4698
町外れにはちょっとした飲み屋街もありますが、空き地が目立ちます。

IMG_4704

路地裏も半分駐車場となり寂れた雰囲気。

IMG_4606

土浦駅西口の南側一帯には歓楽街が広がっています。

IMG_4599

しかし他の都市に違わずすでに駐車場が多く、歯抜け状態となっていました。

IMG_4608

狭くて暗い路地裏飲食店街もあります。

IMG_4601

袋小路型のスナック街。

IMG_4600

ただその周辺は建物も解体され駐車場に囲まれていました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ